ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「Galaxy Tab 7.0 Plus SC-02D」のAndroid 4.0アップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは2月4日、Samsung製Androidタブレット「Galaxy Tab 7.0 PLus SC-02D」に対して、Android 4.0(ICS)へのアップデートの配信を開始しました。今回はOSのバージョンアップを含む大規模なアップデートで、SC-02Dに搭載されているOSがAndroid 3.2→Android 4.0にバージョンアップし、GoogleがAndroid 4.0で追加した機能が利用できるようになるほか、Chrome for AndroidなどのAndroid 4.0以上にしか対応していないアプリも利用できるようになります。主なアップデート内容は以下の通りです。 顔認識技術を活用したロック解除方式「フェイスアンロック」に対応 ホーム画面でフォルダがアイコン/ショートカットのドラグアンドドロップで作成可能 起動アプリ履歴の一覧で各アプリを左右のフリックで閉じることが可能 通知を左右へのフリック操作で閉じることが可能 Mini Appsに3つの新アプリが追加。一覧の変更や削除も可能 「Playブックス」と「Sプランナー」アプリが追加 (改善されること)Eメールアプリでメール受信時にエラーメッセージが表示され、メールが受信できない事象を改善アップデート方法はSamsung Kiesを使用する方法のみ。Samsung Kiesのダウンロード先はこちら。アップデートに要する時間は約40分。アップデート後のソフトウェアビルドは「IMM76D.OMMP4」です。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、タブレットの新ブランド?”Fonepad”を採用した製品を開発中
東洋紡が”有機EL超える画質”の液晶用フィルムを量産へ
LG、Optimus 4X HDのJelly Beanアップデートを2013年Q1中に実施予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP