ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年02月04日~02月10日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年02月04日~02月10日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:蠍座

運気は好調です。特に対人面では新たな出逢いや人と人との絆を深く感じるような出来事が起こりそう。そのなかで精神面で良い刺激や成長が得られる兆しです。飲み会などの誘いには積極的に参加して吉。企画も良いでしょう。ラッキーパーソンは先陣に立つタイプの人。

第2位:獅子座

チャンスだと思ったらタイミングを逃さないことが肝要。また今週は成功するのも失敗するのも事前の準備がどれだけできているかにかかっているようです。ラッキーパーソンはプライベートを充実させている人。公私の切り替えなど多くの面で学ぶことがありそうです。

第3位:双子座

他者から学んだことを実践に生かしていくことが今週の成功の鍵となるでしょう。特に年齢の差がある人や異性など自分とは違う考え方をする人から多くのことが吸収できるとき。積極的に関わって吉。自分のやり方に固執しないこと。ラッキーパーソンは合理的な女性。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/287740 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:山羊座
内と外のバランスを上手にとることが今週の幸運の鍵。大勢の人と関わりを持ち世界を広げることも大切ですがひとりの時間には自分の内側を見つめ直すことを心がけましょう。ラッキーパーソンは見た目とのギャップがある人。これまでの価値観を壊してくれそうです。

第5位:蟹座
不安を振り払うため前に進むために自ら行動を起こすときです。行動を起こす前にまず情報をしっかり集めておきましょう。また行動を起こしたからといってすぐ結果が出ることはないかもしれませんが長期的な目で見ること。ラッキーパーソンは常識的な目線を持つ女性。

第6位:牡羊座
今週のあなたは表舞台に立つよりも縁の下の力持ちの役に徹するほうが良さそうです。へたに口出ししたり前に出ようとすると攻撃の標的にされるかもしれません。発言や行動は慎重に。ラッキーパーソンは地味な作業をこつこつがんばっている人。見習おうとすると吉。

第7位:水瓶座
ダイエット中なのにスイーツをお土産にもらったり金欠なのに遊びの誘いがかかるなど何かと誘惑が多い週となりそうです。誘惑に負けると立てた目標や計画もグダグダに。周知しておくのもひとつの手です。恋愛運は好調。ラッキーパーソンは高い理想を掲げている人。

第8位:射手座
世間体や見せかけにこだわっていると本当に大切なものを見失ってしまうかもしれません。目標やスタンスがあいまいなままに適当なことを言ってお茶をにごしたり調子を合わせるのはやめたほうが良いでしょう。ラッキーパーソンは身近にいて気持ちを共有できる人。

第9位:牡牛座
苦労したことが水の泡になったり物事が思うように進まないなど自分に自信をなくしがちなとき。家族や気のおけない相手とゆっくり過ごすことで気持ちを切り替えましょう。過ぎたことをいつまでも引きずるのは禁物です。ラッキーパーソンはチャレンジ精神旺盛な人。

第10位:天秤座
次から次へと予定が入ったり面倒なことを押し付けられるなどして安らげる時間が減ってしまうかもしれません。我慢を強いられるようなことも。しかし短気になるのは厳禁。後のちのトラブルに。ラッキーパーソンは温厚な人。癒やされると同時に参考になるでしょう。

第11位:魚座
健康運と恋愛運に危険信号。体調の不安を感じたら早めに休むなど大事をとるようにしましょう。また恋愛面では自分の価値観を相手に押し付ける傾向にあるようなので注意。相手の立場を思いやることが解決の近道。ラッキーパーソンは常識の枠にとらわれない自由人。

第12位:乙女座
物事が思うように捗らずストレスがたまりそう。しかしその原因をたどるとあなた自身のなかに答えがあるようです。いったん問題から離れてみるのも良いでしょう。また体調面でも黄色信号がともっているので早めに対処を。ラッキーパーソンは耳の痛い忠告を言う人。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP