体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“アーケード筐体”にレトロゲームを集める新感覚!? カプコン30周年を記念してユニークな仕組みの『カプコン アーケード キャビネット』が2月19日から無料配信開始

““アーケード筐体”にレトロゲームを集める新感覚!? カプコン30周年を記念してユニークな仕組みの『カプコン アーケード キャビネット』が2月19日から無料配信開始

家庭用ゲーム機がこんなに高性能になるもっと前、80年代では「ゲーム」といえばアーケードゲームが最先端。『バイオハザード』や『モンハン』で知られるカプコンも、80年代にはゲームセンターに華々しくタイトルを投入し、訪れるゲーマーの支持を集めていました。そんなカプコンが30周年を迎える2013年、当時を思い起こさせるプロジェクト『カプコン アーケード キャビネット ―レトロゲームコレクションー』が明日2月19日から始動します。

レトロアーケードゲームのパッケージは、カプコンに限らず各社からさまざまなプラットフォームで発売されましたが、『カプコン アーケード キャビネット』のユニークな点は、「アーケード筐体をゲーム機に配信しよう」というコンセプト。フルに遊べる1タイトル『ブラックドラゴン』と『1943』『必殺無頼剣』の体験版が入った“筐体”=『カプコン アーケード キャビネット」のソフトを無料で配信して、その後年代別のパックや個別タイトルを順次有料で配信していくというのです。ゲームそのものを「筐体」と言ってしまうあたり、アーケードゲームでデビューを飾ったカプコンらしいこだわりを感じさせます。

ブラックドラゴン

『カプコン アーケード キャビネット』には、1987年にアーケードゲームとして発売された『ブラックドラゴン』を収録。さらに『1943』と『必殺無頼拳』の体験版を遊ぶことができます。

タイトル画面でキャラクターをコンプ!

タイトル画面には配信予定の全ゲームのキャラクターがシルエット表示され、プレイ可能なタイトルのみイラストを表示。コンプリート欲求をくすぐります。

ここでは配信予定の全15タイトルから、筆者注目のタイトルをピックアップしてご紹介。

魔界村

●『魔界村』

3月5日配信の『1985-I パック』に収録。さまざまなプラットフォームに移植された人気シリーズ第1弾ですが、その難易度の高さに苦しんだ人も多いのでは? 『カプコン アーケード キャビネット』なら、後述するカスタマイズ機能で全ステージクリアも夢ではないかも?

闘いの挽歌

●『闘いの挽歌』

3月19日配信の『1986パック』に収録。『ストリートファイター』『ファイナルファイト』のルーツとも言われる横スクロールアクションです。キャラクター達は当時としてはかなり大型で迫力のあるグラフィックで表現されていました。

エグゼドエグゼス

●『エグゼドエグゼス』

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。