体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無断転載じゃないワロスbotを作ってみた

無断転載じゃないワロスbotを作ってみた

今回はにっくるさんのブログ『rambling talk』からご寄稿いただきました。

無断転載じゃないワロスbotを作ってみた

忙しい人へのまとめ

ワロスbot(@wwwww_BOT*1)は人気のツイートを無断転載して、フォロワー数を増やしています。
そして、ときどき広告を入れて広告費を稼いでいます。それを企業としてやっています*2。
他にも、同様のbotは多数あります。

*1:「ワロスwwwBOT」 『Twitter』
https://twitter.com/wwwww_BOT

*2:「コピペツイートで人気獲得(?)の「ワロスwwwBOT」 企業による広告利用が判明し炎上」 2013年01月23日 『ねとらぼ』
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1301/23/news089.html

無断転載されると…

・感じ悪い
・公式リツイートじゃないので、原作者にたどり着くのが難しい
・ツイートが気に入っても原作者をフォローしにくい
・ツイートの反響が、本来受け取るべき原作者に届かない
・原作者がツイートを削除したくなっても、削除できない

また、Twitterの利用規約*3に、「繰り返し他のユーザーのツイートを自分のものとして投稿した場合」は利用規約違反になると明記されています。

*3:「Twitterルール」 『Twitter』
https://support.twitter.com/groups/33-report-abuse-or-policy-violations/topics/121-guidelines-best-practices/articles/253501#

そこで、原作ツイートを自動で検索し、公式リツイートするbotを作りました。
このbotをフォローすれば、無断転載ではなく、原作のツイートを読むことができます。

・「1000ふぁぼツイート 公式RT版 @1000favs_RT」 『Twitter』
https://twitter.com/1000favs_RT

・「1000RTツイート 公式RT版 @1000Retweets_RT」 『Twitter』
https://twitter.com/1000Retweets_RT

詳しく知りたい人は最後まで読んでみてください。

コピペツイート

最近Twitterで、ツイートのコピペ行為を見かけます。
これは公式RT(公式リツイート。ソースを明示して、自分のフォロワーにツイートを広める仕組み)をせずに、他人のツイートをコピペして自分のツイートとして発信することです。

コピペ行為には、様々な問題点があります。

単純にパクリ

パクられた側はいい気はしないでしょう。よく練り込んだ渾身のツイートならなおさらです。

原作者にたどり着きにくい

公式RTされたツイートには、原作者のホームへリンクが張られています。
原作者に興味を持ったら、過去のツイートを読んだりフォローしたりすることが自然にできます。

コピペツイートの場合、原作者を探すことが難しくなります。
ツイート内に原作者のアカウント名が書かれていることもありますが、それでも検索したりする手間がかかります。

原作者が受け取るべき反響を奪う

Twitterでは、価値のあるツイートにはリプライ・Fav(お気に入り)・RT(リツイート)などで反響が寄せられます。
思わぬ反響に驚くこともありますし、反響を狙って練り込んだツイートをする人もいます。

コピペツイートでは、コピペしたアカウントを発信者としてツイートが広がるため、原作者が受け取るべき反響を、コピペしたアカウントが奪うことになります。
反響が原作者に伝わりにくいだけでなく、原作者の知名度が上がる機会なども自分のものにしていることになります。

原作者がツイートを削除できない

公式RTの場合、原作者がツイートを削除すると、公式RTで拡散したツイートも消滅する仕組みになっています。
ツイート内容に誤りがあった場合など、これ以上の拡散を望まないときに、原作者の判断でRTを止めることができます。
コピペツイートは原作者の意思で削除ができないため、意図に反して広がり続けてしまいます。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会