体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分のバイアスでデマを批判してデマを生み出す人と見えないゴリラの話。

自分のバイアスでデマを批判してデマを生み出す人と見えないゴリラの話。

今回はnamaerさんのブログ『名前あるの?』からご寄稿いただきました。

自分のバイアスでデマを批判してデマを生み出す人と見えないゴリラの話。

3歳男児のくだり、勘違いしてたんで修正しました。「ビデオに映っていない」と書いてあった気がしたんですが、記事あげた後に再確認してみたらそういう一文がなかったもので、ごめんなさい。

ジョシュア・ベル実験と美しいfacebookと美しいはてな

「Facebookで人気の「有名なバイオリン弾き」は限りなくデマ(追記あり)」 2013年01月16日 『hagex-day.info』
http://d.hatena.ne.jp/hagex/20130116/p12

批判するときにちゃんと原文記事にあたっていないおかげで割とひどい。

ワシントンポストの記事では、彼の演奏を気に入った人間は4人おり、

抄訳版の記事に踊らされている。

Things never got much better. In the three-quarters of an hour that Joshua Bell played, seven people stopped what they were doing to hang around and take in the performance, at least for a minute.

七人です。

この実験の動画はYouTubeにアップされているが、これを見ればFacebookの記述が嘘だとわかる。

つーか、実際の演奏時間は43分間だったんやで。2分半の短縮版でわかるわきゃないだろ。

まー、気に食わないものを批判したがるあまりにテキトーする人って、いますよね。だからこの記事も誤認が含まれている可能性もありますし、あまり信用しないほうが身のためです。
っていうか、今日はそんな話はどうでもいいんだ。ゴリラの話をします。

見えないゴリラ実験

ジュシュア・ベル実験。どっかで聞いた実験やんね、と思ったら、最近読んだ本の中に出てきてた。
書名は『錯覚の科学』(クリストファー・チャブリス、ダニエル・シモンズ)。
本書の原題である「The Invisible Gorrilla(見えないゴリラ)」はとある有名な認知心理実験に由来している。
(この本を読んだブロガーは大体そう形容している。筆者はこの実験の存在を本書で初めて知ったし、見受けるかぎりでは彼らの大半もまたそうであったようなのだが。)

1999年、ハーバード大学の准教授シモンズは同大学院院生チャブリスと共同でユニークな実験を行った。
彼らは黒いシャツのチームと白いシャツのチームがえんえんとパスしあうさまを数十秒間撮影した。そうしてキャンパスで適当な学生を捕まえ、こう注文した。
「これから見せる映像の中で、白シャツチームのペアが何回パスしたか正確に数えて欲しい。ただし、黒シャツチームのパスは無視してもらいたい」
実験に使われた映像はウェブでも見られる。興味を持たれた向きにはこのまま読み進める前に是非試してもらいたい。

「gorilla experiment」 『the invisible gorilla』
http://www.theinvisiblegorilla.com/gorilla_experiment.html

タイトルでネタバレしてるのでこの実験の「意図」に気づかれた方も多いかもしれない。
実験終了後、シモンズとチャブリスは被験者に簡単な聞き取りを行った。

Q:パスを数えているとき、なにか変わったものに気づきました?
A:いいえ。
Q:選手以外に、なにか目についたものはあります?
A:うーん、エレベーターがあって、壁にSと書かれていた。Sってなんのことだろうと思ったけど。
Q:選手以外に、”誰か”がいたのに気づきました?
A:いいえ。
Q:ゴリラがいたんですよ。
A:え、うそ!!

驚いたことに、およそ半数の参加者がゴリラに気づいていなかった!
(p.18)

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。