ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

“パンに塗るプリン”が西又葵先生の美少女パッケージで“萌えプリン”に

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1_moe3s_1

「パンに塗ってもおいしいプリン」として話題になった北海道・青華堂の『ミルキーゴールド』が、今度は美少女イラスト作家・西又葵先生とのコラボレーションでオリジナル美少女パッケージを9月18日から発売します。また、インターネット限定で西又葵先生オリジナルデザインの『美少女マウスパッドセット』も数量限定で販売されます。

『ミルキーゴールド』は、牛乳、砂糖、卵はいずれも北海道産と原料にこだわり、独自の製法で180日間常温保存が可能なプリン。クリームチーズのような濃厚な味わいながら飽きのこない上品な甘みで、バターのようにパンに塗れば「いつもの食パンがスイーツになる」と話題になり、変り種プリンとしてブレイクしました。

3_moe5s_3

今回の企画は、かねてより西又葵先生ファンのスタッフがイラストを依頼して、今回の『美少女パッケージ』が実現。幅広いバラエティを誇る北海道スイーツにおいても“萌えスイーツ”はおそらく初の試み。「“萌え文化”を北海道に根付かせたい」という思いも込められているそうです。パッケージには、『ミルキーゴールド』6個と美少女コースターが1枚入りで2300円です。

2_moe4s_2

インターネット限定の『数量限定マウスパッド付き』パッケージは先着3000セットの数量限定で販売されます。こちらには『ミルキーゴールド』6個、オリジナルマウスパッド1枚(W220×H180mm)、コースター1枚入りで、3200円(税込み)です。

それにしても、甘くてとろりとしたプリンの味は、“萌え”のイメージそのものの味わいなのでしょうか。プリンと“萌え”の間に、なんともいえない絶妙な親和性を感じる今日この頃です。
 
 

■関連記事
パンに塗っても美味しいプリンだから色々なパンに塗って試してみた!
超デカい『Happyプッチンプリン』を食べてみよう
遅刻する! とパンをくわえて家を出た経験は?『パンに関するアンケート』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。