ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

がん細胞の増殖を規制すると思われていた遺伝子の正体

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


英国カーディフ大学の生命科学学部の研究によれば、乳がんに関連する遺伝子が予想外の“役割”を有していることが明らかになった。大学の公式サイトが伝えている。

乳がんに関連する遺伝子の一つであるBcl3は、これまでの体外研究において、乳がんの細胞増殖を規制する性質があると考えられてきた。ところが、カーディフ大学の研究チームは、乳がん細胞を規制するとみられているBcl3を、逆に抑制する体内調査を実施した。その結果、がん細胞の増殖が進行するどころか、他の器官へのがん細胞の転移を防ぐ効果が認められたという。

今回の研究チームを率いたリチャード・クラークソン博士は「我々が予想していなかったBcl3の“役割”が明らかになりました。体外における研究だけでは分からなかったでしょう。乳がん治療に役立つはずです」と述べている。斬新な“Bcl3阻害薬”の実用化は急ピッチで進められている模様だ。

画像: 今回のニュースを伝えるカーディフ大学のホームページのキャプチャー
http://www.cardiff.ac.uk/news/articles/discovering-a-new-role-for-a-breast-cancer-gene-10007.html

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP