ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メンはメンでも『育麺』って? 父と子が考えたメニューが奇抜すぎてスゴい件

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「イクメン」と言われて思うのは「育児をするメンズ」、いわゆる“育児に協力的なお父さん”のこと。ユーキャン新語・流行語大賞でも2010年にランクインしているので耳慣れている方も多いでしょう。

ただし今回の「イクメン」、表記は麺で育む(はぐくむ)と書いて『育麺』らしいです。「育麺(イクメン)」とは、「身近な即席麺を通じて、子育てを楽しみたいお父さん」のこと。

そんな父と子がチームを組んで考えた“即席麺を使ったオリジナルメニュー”のコンテストが全国規模で行われているんですが、1次予選を通過した、全国5ブロック合計30組のメニューがいずれも異彩を放っています。

全日本育麺(イクメン)メニューコンテスト (投票ページ)
http://nissin-ikumen.jp/entry_menu.php

最初、「即席めんを使ったメニュー?」とタカをくくって応募作品を眺めてみたのですが、間違ってました。かなり唸らされるものから、「マジかよ…」というメニューまで様々。

まだ投票中なので詳細は控えますが、全国のメニューから勝ち抜いたものだけあって、創意工夫が光るものばかり。

冷製メニュー丼物(?!)、パスタ、スタンダードなラーメンからワンステージ上に仕立てた“本格派”が多数の印象です。

しかし他にもサラダ風味、オリエンタル風に仕立てたもの、また、定番和食の酒の肴と併せて“まさかのおつまみ”に変えてしまったり……と本当に多彩。

人気揚げ物の具材にしてしまったもの、天心風に仕上げたものも複数見られました。ごはんのおかずのアレや、まさかのデザート風なんかも登場。どれもこれも考えつかないです……。

見ていて気付いたのは、いずれのメニューにも共通している「遊び心」。発想が父ちゃんなのか子供なのかはわからないけど、自由すぎるだろ! 正直、スゴいわ。

全国からのメニューの募集は1/7で締切、現在コンテストは現在2次予選の選考中です。

ちなみにこのコンテストのメニューの幅が広いのは、レギュレーションの“ゆるさ”ゆえかもしれません。
基本ルールは次の通り。

・即席麺は「名称(もしくは品名)」で、「即席**めん」と記載されているもの

例:即席めん、即席カップめん、即席袋めん、生タイプ即席めん、など
・麺の種類(ラーメン、うどん、焼きそばなど)、包装の種類(カップめん、袋めん)、メーカーは問わない

・即席麺を使用したメニューであれば自由

2013年1月16日から始まった「2次予選WEB投票」は2013年2月10日まで行われます。

そのあと、「決勝大会」が『横浜カップヌードルミュージアム』にて行われるのが3月24日(日)の予定。決勝大会ではJTB旅行券が最大30万円が贈呈されます。

賞品もさることながら、上位入賞で得られるのは父子で考えたメニューに対する“名誉と称賛”であるのは明白ですね。

これらの奇抜なメニューの投票の行方、見守ってみたいところです。

関連リンク

全日本育麺メニューコンテスト
http://nissin-ikumen.jp/ [リンク]

※画像は『全日本育麺メニューコンテスト』ページより引用

wosa / おさだこうじの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP