ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホームレス対策? 米国の図書館が居眠りへの罰則を検討中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

アイオワシティ公立図書館は、館内で居眠りをしている人に対し、新たに罰則を設けることを検討中だ。アメリカ『KCRG-TV』が伝えている。

アイオワシティ公立図書館の責任者、スーザン・クレイグは「毎日一人か二人は寝ていますよ」と取材班に語っている。利用者が不快な思いをしており、ここ数か月は特にひどいようだ。理事会はスタッフからの提案を検討する予定で、提案が承認されれば、館内で居眠りをした人は月末まで利用禁止となる見込み。

一方、アイオワ市のホームレス・コミュニティからは「フェアではない」と不満の声が。アウトドア・キャンピング・コミュニティと名乗る団体のネイトなる人物は「ビシッとスーツを着ている人間はゴミみたいな奴らを追い出すのか」と反発している。

問題の図書館では2001年にも同様の罰則が検討された経緯がある。結局12年前は見送られたが、関係者によれば、今月末をメドに罰則導入の方向で動いているとのこと。

画像: アイオワシティ公立図書館の公式サイトのキャプチャー
http://www.icpl.org/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP