ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

15年前に盗まれた結婚指輪 謝罪文と共に15年ぶりに返却される

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

Margot Riphagen(31歳)が15年前に開いたホームパーティー。予想以上の人数が詰め掛けたことが災いし、両親と祖父母の大事な宝物が盗まれてしまった。結婚指輪四個である。

家族の誰もが「指輪は永遠に返らない」と諦めていたとのこと。しかし、先日Margotの母親が差出人不明の手紙を開封すると、その中身に驚いた。封筒の中に手紙といっしょに、15年前に姿を消した指輪四個が入っていたからだ。

手紙の差出人は指輪を盗んだ本人と思われる。部屋を掃除している最中に偶然発見したそうだ。「本当に申し訳ありませんでした。大人になって、どれだけ思い出が詰まった指輪であるかに気付きました」と“愚かな子ども”の行為を心から後悔している旨が記されてあった。

今回の一件は『デイリー・メール』『ハフィントン・ポスト』などのメディアで取り上げられており、「誰だって間違いを犯す。犯人が許されることを望む」「差出人は女だろう。俺たち男であれば手紙と返却なんてことはしない」「反省しているなら名前を……」といったコメントが寄せられている。

画像: 注目の謝罪文と指輪とされる画像
http://i.imgur.com/tbvuJ.jpg

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP