ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Dolphin Browser」がv9.2.0にアップデート、Send to Device機能の追加でデスクトップブラウザとWEBページが共有可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブラウザアプリ「Dolphin Browser」のAndroid版がv9.2.0にアップデートされました。今回のアップデートでは、WEBページの共有機能に新機能が追加されたほか、デスクトップ版Chrome/Firefox/Safari向けにリリースされたエクステンション/アドオンにより、デスクトップブラウザとDolphin Browserとの間でWEBページを簡単に送受信できるようになるなど、デバイス間連携機能も強化されました。WEBページの共有機能では、Dolphin Browser内の「ページを共有」メニューの内容が新しくなり、Facebook/TwitterとWEBページを直接共有したり、WEBクリップをEvernote/Box.netといったストレージ系サービスに直接保存できるようになりました。デバイス間連携機能では、デスクトップ版Chrome/Firefox/Safari向けにリリースされたエクステンション/アドオンを利用することで、デスクトップブラウザのタブ、画像、テキストなどをDolphin Browserが動作しているスマートフォン・タブレットにワンクリックでプッシュすること、逆に、Dolphin Browserからデスクトップ版ブラウザにタブをワンクリックでプッシュすることができます。最後に、ブラウザ右側のツールバーの「Wifi Broadcast」という新アドオンをクリックすることで、同一Wi-Fiネットワークに接続した端末であれば、アカウントでログインすることなく、他のスマートフォン・タブレットとタブを共有できるようになりました。「Dolphin Browser」(Google Playストア)デスクトップブラウザ向けエクステンション/アドオンChrome用Firefox用Safari用



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia ZのAndroid 4.2へのアップデート時期は”発売後すぐに”、Sony Mobileが発言
SamsungがMWC 2013で8インチ画面のGalaxy Note 8.0(GT-N5100、GT-N5110)を発表するという噂
HTC Butterflyに「1.12.709.1」ビルドへのアップデートの提供が開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP