ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マス・ロック×叙情的な〈歌〉! ポッグカウチナゲット新作が〈タワレコメン〉に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

マス・ロック譲りの高度かつ複雑なアンサンブルと、日本語にこだわった叙情的な〈歌〉を融合させたサウンドで人気を集める千葉発の5人組バンド、ポッグカウチナゲット。彼らにとって2年8か月ぶりの音源となるセカンド・ミニ・アルバム『夜のとなりに笑い声を』が1月23日にリリースされる。

バンドが立ち上げたレーベル〈newtown record〉からの登場となる本作は、タワーレコードでも渋谷店、福岡店、横浜モアーズ店、広島店のスタッフがこぞって推薦したことでオススメ・アイテム〈タワレコメン〉に決定し、全店で大きく展開する1枚。タイトな演奏の上にエモーショナルで耳馴染みのよい歌声が広がる“ライナー”、緊迫したグルーヴを高いテンションで貫く“途中の最中”、古谷実によるコミック「ヒミズ」の最終話のタイトルを引用した“おろか者”など、彼らが自分自身と向き合い、喜怒哀楽を素直に表現したという計7曲が収められている。

なお、タワーの対象店舗で『夜のとなりに笑い声を』をお買い上げいただいた方には、特典としてライヴ招待券やリミックス音源などをプレゼント。特典の内容はショップにより異なるので、詳細はポッグカウチナゲットのオフィシャルサイトにてご確認を。

 

〈ポッグカウチナゲット 『夜のとなりに笑い声を』収録曲〉
1. ライナー
2. 途中の最中
3. ニュータウン
4. おろか者
5. めくるめく
6. インスタント
7. Timely 

 

タワーレコード スタッフ推薦コメント

2004年結成、千葉、都内中心に活動中、前作より2年8ヶ月ぶりとなる2ndミニアルバム。叙情的でエモーショナル、飽きさせない楽曲展開に、日本語で綴られた歌。The band apart好きから残響系サウンド好きにオススメ、広くはギターロック好き、変拍子系ポストロック好きにもプッシュしたい作品です。a flood of circleの佐々木氏もレコメンドしています。 (渋谷店 御前)

people in the box好きにおすすめなマスロック的一枚。ギターとリズムは複雑な感じですが、メロディーはポップで耳に残ります。変拍子連発の楽曲ばかりかと思いきやスピーディーなロックナンバーやじっくり聞かせる曲もあったりバラエティーに富んだ一枚です。 (福岡店 牟田)

マスロックと激情エモをクロスオーバーさせた実力派! 複雑でテクニカルな演奏・アレンジと、それが自己満足で終わることの無い普遍性を兼ね備えた(聴きやすい歌メロ)バランスの良い音。People In The BoxやToe好きにササる一枚です。 (横浜モアーズ店 山田)

上に同じですが…中毒性の高さは尋常じゃないです。緻密で繊細で複雑。ボーカルのエモさ。あと、和心。日本人の繊細なとこが音になったかのようです。Cinemastaff、People好きに。残響好きにはストライク!! (広島店 加納)

 

佐々木亮介(a flood of circle) コメント

もう何年前だったか覚えてないけど、 あの日出会ったポッグカウチナゲットは確かに〈体中が嫌気だらけ〉だった。野良猫のようだった。誰にも魂を譲らず、鋭く周りを睨みつけながら、凛としていた。それから時間が経って久々に新しい音源を聴いて、俺は嬉しくなった。とても孤独でとてもタフで、そしてとても美しいアルバムだと思った。形を変えるほど場所を変えるほど転がり続けるほど、ロック・バンドは強く美しくなるものだと俺は信じているのです。だから、今が史上最強のポッグカウチナゲットなのだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP