ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【コミケ83】「niconico」「日本マイクロソフト」などの初出展企業ブースをレポート!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

東京・有明の東京国際展示場で12月29日から31日の3日間にわたって開催中の、世界最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット83」。2日目となる30日は、マンガ「黒子のバスケ」への脅迫問題により出展予定だった「黒子のバスケ」の同人誌900サークルの出展見合わせがあったものの、たくさんの参加者でにぎわいを見せていた。

さて、今回の企業ブースで特に目立っていた“初出展”企業といえば「niconico」と「日本マイクロソフト」だろう。まずはこの2つのブースをレポートしよう。

【niconico】

「niconico」のブースでは、コミケ83に参加者たちがカメラに向かって自分の「戦利品」をアピールするニコニコ動画の生放送番組を現地から行っている。
ブース内では、参加者たちが「戦利品」やそれを手に入れるためのプロセスなどを語り、生放送の視聴者にその参加者が「伝説の勇者」か「見習い勇者」どうかをアンケートで決めてもらうというやりとりが行われ、多くの人が足を止めて、その様子を見守っていた。
企業としてのコミケの出展は初めてだという「niconico」。ニコニコ動画の生放送番組「【コミケ83】西4階 324 niconicoブース周辺定点生放送」は、29日の来場者数が約87000人を数える盛況ぶりとなった。

【日本マイクロソフト】

マイクロソフトといえば誰もが知っている世界最大のコンピューター・ソフトウェア会社。そんな企業の初出展に興味深くブース内をのぞく人たちも多く、ブース前のにぎわいは途切れることがなかった。
担当者は「始まる前は、私たちがコミケで受け入れられるのか不安だったが、好意的に見てもらえているようで安心した」とコメント。なお、1日目にコスプレイヤーで参加していた女性の一人は、なんと普段、アメリカのマイクロソフトで働いているとか。

さらに、このコミケでライトノベルの新レーベル創刊立ち上げを発表したのがこの“初出展”の企業だ。

【IS〈インフィニット・ストラトス〉】

こちらは今年立ちあがったばかりの企業、オーバーラップによるブース。人気ライトノベル『IS〈インフィニット・ストラトス〉』(弓弦イズル/著、okiura/イラスト、MF文庫Jより7巻まで発売中))をフィーチャーしているが、なんと2013年4月25日にライトノベルの新レーベルとなる「オーバーラップ文庫」を創刊、さらに『IS〈インフィニット・ストラトス〉』の8巻(CHOCO/イラスト)をこのレーベルから出版するという。
コミケ83では弓弦イズルさん書き下ろしの短編とドラマCDのイベント限定グッズなどを販売。宣伝担当者は新レーベルについて「多種多様な作家さん執筆してもらい、今までにないレーベルを目指す」と語っている。

また他にもライトノベルのレーベルを持つ出版社が数多く出展していた。「コミックマーケット83」は12月31日まで開催しているので、もし気になるブースがあるならばチェックしてみて欲しい。
(新刊JP編集部)

■「ラノコミどっとこむ」では他のブースの写真も掲載中
http://lnocomi.com/news/view/119/



(新刊JP)記事関連リンク
「コミックマーケット83」が開幕 初日は17万人動員
【コミケ82】来場者数56万人! グーグル、鳥取県のブースをレポート
「コミックマーケット82」が開幕、12日まで

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP