体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

師弟で富士山への愛を語る! 水道橋博士×マキタスポーツのFUJIYAMA対談(後編):「マキタは2年以内に頂に登る」

師弟で富士山への愛を語る! 水道橋博士×マキタスポーツのFUJIYAMA対談(後編):「マキタは2年以内に頂に登る」

12月27日、富士山エリアを完全ガイドするウェブサイト『フジヤマNAVI』上で、富士山が大好きでたまらないFUJIYAMAフリークたちが富士山愛を語り合う秘密会議『FUJIYAMA SUMMIT 2013』の動画が公開されました。ガジェット通信はこの収録を取材。委員長として出演する水道橋博士さんと、山梨県代表として出演するマキタスポーツさんに、富士山への愛を語っていただきました。後編は芸能界の頂を目指す芸人論を博士が語り、マキタさんに熱いエールを送ります。

前編はこちら:
師弟で富士山への愛を語る! 水道橋博士×マキタスポーツのFUJIYAMA対談(前編):「富士山はオレの領土」
http://getnews.jp/archives/281448[リンク]

2人で富士山に登れるか

―お2人で今後、一緒に富士山を登る可能性というのはありますかね。

水道橋:ありますよ。

マキタ:僕はもう、是非行きたいなと。

―その際には、山頂で2人で何をするんでしょう。

水道橋:姥捨てじゃないですかね。オレがもう老化して。10歳違いますからね。

マキタ:いやいやいや。

―マキタさんは何がしたい、とかありますか。

マキタ:実際問題として、“登れるか問題”というのがありますから。生易しいものじゃないというのは博士からも聞いてますし、本を読めばそういうことが分かるので。僕は山梨で育って富士山は当たり前のものだった、登るものではなかったですね。山梨の人で実際、そういう人は多いと思います。だから登れるかどうか。

芸人は自分の山を登れ

水道橋:いまマキタはね、ある意味象徴的なことを言った。マキタはいま41で、ようやく芸能界の5合目にいる。今まで一切ね、芸能界の山を登る気がなかったんですよ。「お前ここに山があるのになぜ登らないんだ」とオレが言い聞かせても、その周辺をグルグルグルグル回るだけで、眺めるだけで。

それがようやく今年、ゴールデンの番組に出るようになって5合目まで来て、さあこれから本当は頂を目指さなきゃいけないんだ、という位置に来てるんですよ。でも実生活で腰痛でもう歩けない

マキタ:(笑)

水道橋:でしょ? でも、登らなきゃいけないんだよ。一度は芸能人というのは、芸人というのはそれぞれに自分の山を登らなければいけないんですよ。

ビートたけしさんも言ってましたよ。「東国原(英夫)とオレと、2人とも同じ頂を目指していた。オレの道をあいつは行けなかったけど、あいつはルートを変えて富士山の頂を目指しているだけだよ」と。それと同じですよ。今のマキタはあと2年以内に頂に登る

マキタ:はい。頂に登るって書いておいてください。

そびえ立つ“たけし”という山

―これは芸能界の頂ということでよろしいですね。

水道橋:“冠番組”っていうのは富士山の雪のことですから。滞雪したあの状態が冠番組を持った状態だから。もう僕は一度、中途半端に登ったから。『オジサンズ11』で司会やったから

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。