体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

師弟で富士山への愛を語る! 水道橋博士×マキタスポーツのFUJIYAMA対談(前編):「富士山はオレの領土」

エンタメ
師弟で富士山への愛を語る! 水道橋博士×マキタスポーツのFUJIYAMA対談(前編):「富士山はオレの領土」

12月27日、富士山エリアを完全ガイドするウェブサイト『フジヤマNAVI』上で、富士山が大好きでたまらないFUJIYAMAフリークたちが富士山愛を語り合う秘密会議『FUJIYAMA SUMMIT 2013』の動画が公開されました。ガジェット通信はこの収録を取材。委員長として出演する水道橋博士さんと、山梨県代表として出演するマキタスポーツさんに、富士山への愛を語っていただきました。「今年来る芸人」に名前を挙げてマキタさんを応援してきた博士と、2012年にブレイクの兆しを見せたマキタさん。オフィス北野の先輩後輩で、ある意味師弟関係にある2人が、富士山から芸人論まで濃いトークを繰り広げます。

マキタ「富士山は山梨のもの」水道橋「オレのもの」

―まず、この『FUJIYAMA SUMMIT 2013』の企画に参加する意気込みを聞かせてください。

マキタ:僕、地元が山梨なんです。育った環境の中に当たり前の風景にあるもので、あまり意識してなかったんですけど……。18で東京に出てきて、そのあたりから周りが「富士山は静岡のものだ」っていうことを言い出して、これは非常に由々しき事態だと。実効支配を許していたんだと。にわかに人のものだと言われると「いや待てよ」と思ったのが一番最初にありますね。静岡に不法占拠されています。

―富士山は山梨のものだぞ、とアピールしたいと。

マキタ:そうですね。

水道橋:僕は山梨でもないし静岡でもないし、「オレのもんだな」って思ってますけど。

マキタ:山梨のものですよ。

水道橋:いやオレのもんですよ。富士山に魅せられてから、尖閣だ竹島だ、ということを言うと「オレの領土だ」と思ってるんですよ。そういう意味だと不可侵なものなので、そういう「愛を語る」というのをオレ以外の人が語ってもらっては困るな、みたいな愛し方。まあ偏愛なんですけどね

マキタ:博士は昔からこういうところがあるんです。

水道橋:30分前にその設定を聞いて。

マキタ:昔からって言ったじゃないですか。

富士登山は人生のピーク

水道橋:僕は2008年に5歳の子と一緒に富士登山したんですけど。人生の象徴でもあるわけじゃないですか、人生が山だとたとえれば。その最高峰の山を登っていく。自分の人生の中で富士登山の山頂へ子どもと2人で立ったときがピークなんですよ。そっからもう下がってますから。5歳の子にしてみればあのときがピークですからね。5歳でピークを極めて、今は落ち目だという。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会