体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TSAロックのトラブル体験談・・・TSAロックは、掛けないほうが良い!

今回はA Yoshidaさんのブログ『アメリカより』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://gdgdtrip.jp/p/722をごらんください。

TSAロックのトラブル体験談・・・TSAロックは、掛けないほうが良い!

このブログ訪問者には日米間の航空機利用者が多いと思います。

9・11テロ事件以来、アメリカ発着航空旅客者の預け入れ荷物(スーツケース)は、鍵をしないか、鍵をする場合にはTSAロック(アメリカTSA認定ロック)を使うことが義務付けられているのは、皆さんご存知ですね。

「(アメリカ政府認定なので)TSAロックをすると、安心だ」と思うでしょうが、そうではない事を実際に体験しましたので、皆さんの参考にしてもらうために報告します。
まあ、「安心」の種類が違うんですけどね・・・

最近、航空機の預け入れ荷物の重量制限も厳しく、国際線一般エコノミークラスでは50ポンド(22キログラム)を超えると重量超過料金を徴収されるか、別の荷物か箱に分けるように要求されますね。日系航空会社ではチェックイン時スーツケースが重量超過すると、無料で段ボール箱をくれて、「小分けしてください」と言われることもあります。

そんなときにSamsoniteやRimowaのような超軽量スーツケースは、便利ですね。
なにせ、普通のスーツケースは本体だけで13~15ポンド(6~7キログラム)位の重量があるのに、SamsoniteのCosmoliteは本体7.5ポンド(3.4キログラム)。つまり、3キログラム余分に荷物が入れられることになります。
普通のスーツケースで「このお土産や買い物を入れると、大丈夫かな~、重量超過しないかな~」と重量制限ギリギリ前後で不安なとき、SamsoniteやRimowaなら大丈夫。不安が一つ減ります。

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://gdgdtrip.jp/files/2012/12/tsa01.jpg

実際にスーツケース本体の重量を測ってみました。

普通の布製スーツケースと、その本体の重さ、13.25ポンド。(単位=ポンド)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://gdgdtrip.jp/files/2012/12/tsa02.jpg

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://gdgdtrip.jp/files/2012/12/tsa03.jpg

Samsonite Cosmoliteの本体の重さ、7.50ポンド。(単位=ポンド)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://gdgdtrip.jp/files/2012/12/tsa04.jpg

しかし、Samsonite CosmoliteのTSAロックは、スーツケース本体に付いています。

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://gdgdtrip.jp/files/2012/12/tsa05.jpg

TSAロックは、スーツケース所有者は設定した数字のコンビネーションに合わせ、写真TSAロックの下端のプッシュバーを押すと、スーツケースのファスナーの引き金の穴を通している部分のロックが解除され、ファスナー引き金をロックから外してスーツケースを開けます。

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://gdgdtrip.jp/files/2012/12/tsa06.jpg

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。