ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『千日の瑠璃』451日目——私は札束だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 

私は札束だ。

どちらかといえば貧しい境涯に生まれ、長年薄給に甘んじて生きてきた男、そんな男の度胆を抜く分厚い札束だ。丘の家の主は努めて冷静を装おうとしてはみたのだが、私が秘める威力に手もなく町き伏せられ、そして、病気の息子のように指の先から震えがはじまる。また、隣りに控えていた彼の妻は、私をひと目見ただけで肌が粟立つのを覚える。

私を鞄から無造作につかみ出してテーブルの上にどさっと置いた、よく似た顔つきのふたりの女は、これは内談だと前置きし、私について卑近な言葉で説明する。あくまで顔つなぎのための、挨拶代りの手みやげである、と言い、女の力では酒をここまで運べなかったので軽い物にしたのだ、と言う。ついで、相手が疑心を抱く前に、こう言う。「もちろん領収証なんて要らないんですよ」とひとりが言い、あとのひとりが「土地代はこれとは別に支払わせていただきますから、どうかご安心を」と言う。そして、土地代に比べたら私など端金であるとつけ加えることも忘れない。

もっと手強いはずだったとの家の主は、夢路を辿る心地のうちに、私をすんなりとおさめる。姉妹のように似ていても他人同士の女たちは、にっこりと笑い、その笑みを崩さずに丘の急坂を下って行く。雪で足を滑らせたらしく、悲鳴が届く。二階で飼われている鳥が「ざまあみろ」と鳴き、今度は私に向って「おまえなんかに舐められて堪るか」と鳴く。
(12・25・月)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP