ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ヨーロッパ鉄道乗り放題の旅! ユーレイルパスって何?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

map_eurail_countries

当たり前だが日本は島国だ。他国へ旅をしようとしたら、飛行機か船に乗るしかない。そんな島国だからこそ、ユーラシア大陸で陸路で国境を越える際に感動を覚える。ヨーロッパには各国を結ぶ高速バスや鉄道が多数走っており、ヨーロッパの学生旅行はバスでヨーロッパをめぐるというケースがよくあるらしい。

ヨーロッパを走る長距離バスは安価で、特にユーロライン社のバスが人気だという。しかし、バスの難点は時間がかかるところ。時間がない外国人旅行者は、安価でさらに高速移動ができる鉄道を選ぶことが多いようだ。が、安価とはいえ飛行機と比べて安価というだけで、列車に乗りまわっていたら数万円なんてアッという間になくなってしまう。

そこで便利なのが、ユーレイルパスだ。これはヨーロッパの鉄道に乗り放題となるパスチケットで、ヨーロッパ全土で乗り放題のパスや、3か国や4か国の限定国だけ乗り放題のパスもある。なかには1か国だけ乗り放題のパスもあるので、イタリアだけ、ドイツだけという旅行者にはピッタリといえる。

ユーレイルパスは日本国内で購入することができ、インターネットでも購入できる。日本語サイトとしては旅行代理店の『Rail Europe 4A』があり、英語だが正規価格に近い値段で買える『eurail.com』もある。少しでも不安をなくすために日本語で注文したい場合は『Rail Europe 4A』、より安価なユーレイルパスを購入したい場合は『eurail.com』で購入するといい。

たとえばグローバルパスは、『Rail Europe 4A』で74,700円、『eurail.com』67,476円(2009年9月4日の相場でユーロを日本円に換算)という価格のようだ。金額だけ見ると高額に思えるが、ヨーロッパ21か国の鉄道を15日間乗り放題、しかも一等席にも乗れるのだから高いとはいえまい。ただし、イギリスとフランスを結ぶ(映画『ミッションインポッシブル』にも登場した)ユーロスターや寝台車は、わずかながら追加料金を支払う必要があるので注意しよう。

ちなみにこのレールパスシステムは、なにもヨーロッパだけのものではない。USAレイルパス(アメリカ)やキャンレイルパス(カナダ)、 オーストレイルフレキシーパス(オーストラリア)、タイレイルパス(タイランド)など、世界中にあるのだ。そして日本にもジャパンレイルパスがあり、新幹線に乗り放題ということもあって外国人観光客にウケているという(やや他国より高額だが)。

■最近の注目記事
新型PS3に新事実! PS3とBDの起動は遅い / ゲーム起動とロードは早い
免許証を悪用されケータイ契約!「お客様は被害者ではない。被害者は我社です」
民主党代表・鳩山氏の奥様「太陽を食べるの♪ パクパクパクパク♪」
【ひよこ豆知識】米国アカウントでiTunes登録は可能! しかし?
チキンラーメン持って無人島サバイバル研修! ついに島の名が判明!

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。