ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょっとワクワクするATOMIC FLOYDのカナル型イヤホン『PowerJax + Remote』製品レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


音楽プレーヤーはスマートフォン、という人は読者にも多いはず。でもデザインや音にこだわると付属のイヤホンでは満足できなくなってきますよね。イギリス生まれのブランドATOMIC FLOYDから発売されたカナル型イヤホン『PowerJax + Remote』を使用する機会があったので、レビューをお届けします。パッケージを開けるところから、ちょっとワクワクしてくるイヤホンですよ。

ATOMIC FLOYDは、2008年にイギリスで生まれたイヤホンブランド。個性的なデザインと音質の良さで評価されてきたブランドですが、1万4800円(税込み)と手ごろな価格帯でラインアップに投入されたのが新製品の『PowerJax + Remote』。手ごろな価格と言っても、ステンレススチール製の本体に13.5mmのダイナミックドライバ搭載と、高級感と高音質なブランドの特徴はそのまま。



まず箱を開けてみましょう。ふたの裏面に各部の説明が記載され、イヤホンとリモコン部が丸い窓から顔を見せる気の利いた演出。開封時のワクワク感が増幅していきます。



中ぶたを開けると本体が取り出せ、シールをはがすと耳のサイズに合わせて3種類用意されたイヤーパッドが入っています。その下には付属のラバー製キャリングポーチを収納。



各部をチェックしていきましょう。ステンレススチールの素材感が特徴ですが、単にデザイン性をもたらすだけでなく、音が響く空間を広げる機能性を両立させています。イヤーパッド部はイヤホン本体から角度をつけて装着されるので、耳への装着感は良好。イヤーパッドは耳の穴に沿ってフィットし、外部からのノイズを遮断してくれます。


真っ赤なケーブルはもつれにくく、こすれによるノイズが少ないケブラー製のケーブルを採用しています。耳に近いイヤホン側のケーブルはしなやかで耐磨耗性に優れたTPU製。異なる素材感により、カバンやキャリングポーチから取り出す際に触るだけですぐイヤホン本体を手に取ることができます。


プラグは90°のタイプで、24金メッキのステンレス製。ケーブルと同じ赤いラインがアクセントになっています。



リモコンもやはりステンレススチール製。音量コントロールと再生・停止、iPhoneでは通話の着信応答にも利用できます。内蔵マイクで通話も可能。

サウンド特性は、低音だけでなく中音域にも強いのが特徴。外音からのノイズが少ない没入感のある音響で、ボーカルものをじっくり聞きたいときに最適なのではないでしょうか。

そして何より個性的なデザインが、身に着けていてワクワクさせてくれる重要なポイントになっています。クリスマスのプレゼントや自分へのごほうびに、ちょっと検討候補に入れてもいいイヤホンだと思いますよ。

『PowerJax + Remote』主な仕様
ドライバ:ダイナミックドライバ
最大入力:100mW
感度:96db SPL/mw
インピーダンス(1kHz):16Ω
周波数特性:20MHz~20000Hz
ケーブル:1.2mOFCケーブル(ケブラー繊維)
プラグ:24金メッキ 3.5mm ステレオミニプラグ
同梱品:ラバー製キャリングポーチ、イヤーパッド(S/M/L)

製品ウェブサイト:
http://www.atomicfloyd.jp/powerjax_remote.html

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP