ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝日新聞発「mixi利用者が97%から2%に激減」というデマが出回る

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はHagexさんのブログ『Hagex-day.info』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/279142をごらんください。

朝日新聞発「mixi利用者が97%から2%に激減」というデマが出回る

この日記では繰り返し言っているが「人間は自分が信じたいことを信じる」もの。この盲目的な思考スタイルによりデマが生まれている。特にインターネットは情報の伝播が速いので、ますます間違った情報が広がっていく。昨日からそんなデマが……「mixiのシェアが97%から2%に激減」という誤った情報が出回っている。発端は、昨日朝日新聞が以下のような記事を発表したためだ。

ツイッターを使う学生は、気軽に本音をつぶやいて友人とのつながりを感じるが、自分に都合の良い情報だけを拾う習性が強まるため「自分本位」に陥りやすい――。そんな調査結果を、首都圏の学生らがつくる「大学生意識調査プロジェクト」が発表した。

調査は今年7月、駒沢、上智、専修、東洋、日本の5大学の学生800人を対象に実施。「SNSがもたらす大学生のイマドキ友人関係」と題し、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアが友人関係に与える影響を調べた。

調査によると、SNSを利用している学生の割合は96.6%。複数のサービスに登録しているが、実際に最も使うSNSの1位はツイッター(49%)。LINE(35%)、フェイスブック(10%)と続き、2年前の調査で97%だったミクシィは今回2%に激減した。

2012年12月10日8時30分 朝日新聞

強調部分は筆者によるものだ。朝日新聞ははっきりと「2年前の調査で97%だったミクシィは今回2%に激減した」と書いており、この記述を元に、2ちゃんねると2ちゃんねるまとめサイト、アルファブロガーをはじめ、ブロガー、Twitter、Facebookで「mixiの利用率が97%から2%に激減、mixiはオワコン!」という記述があふれかえった。

本当に「mixiの利用率が97%から2%に激減」したのだろうか? 「大学生意識調査プロジェクト」の資料を直接見てみよう。

大学生意識調査プロジェクト FUTURE2012 大学生の「友人関係」に関する意識調査 ここの11ページ目に以下のような記述がある。

「大学生の友達新基準は「メリ友(メリット友達)」!?~大学生の約4割にテストの時だけ連絡する「テスト友達」が存在~ PDFデータ」 2012年12月10日 『公益社団法人 東京広告協会』
http://www.tokyo-ad.or.jp/pdf/FUTURE2012.pdf

あなたが最も利用しているSNSは何ですかと聞いたところ、「twitter」が5割で1位、「LINE」が3割で2位、「facebook」が1割で3位、「mixi」は1.7%(※ ただし、利用率は70.8%)という結果になった(図表22)。このことから、2年前から現在にかけて、主に利用するSNSが変わってきていることがわかる(2年前の結果は下記参考図表ご参照)。

強調部分は私が加工している。確かにmixiは1.7%だが「利用率は70.8%」ってなってるぞ! 表を見てみると……


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/1211001.jpg

大学生意識調査プロジェクト FUTURE2012 11ページ図表22より

つまり、「mixiの利用率が97%から2%に激減」は全くデタラメで、正しくは「mixiを利用しているユーザーは2010年96.6%から2012年は70.8%に変化した」と言うべきだ。確かに減ってはいるが、「97%から2%に激減」とは大違い。
そして個人的には、この調査結果が本当に信頼できるものか? と疑問も感じる。

さて、あまりにもこのトンチンカンぶりに、朝日新聞も気が付いたのか、現在では「こっそり」と以下のように書き直している。

調査によると、SNSを利用している学生の割合は96.6%。複数のサービスに登録しているが、実際に最も使うSNSの1位はツイッター(49%)。LINE(35%)、フェイスブック(10%)と続き、ミクシィは2%。2年前調査の「利用しているサービス」で、ミクシィは97%と、次点のモバゲー(18%)に大差をつけていた。

「つぶやく学生は「自分本位」に? 首都圏の5大学調査」 2012年12月10日 『朝日新聞デジタル』
http://www.asahi.com/national/update/1209/TKY201212090269.html

強調が変更部分。それでも「97%から2%に激減」と誤読されてしまう可能性がある。朝日新聞はmixiが大嫌いなのか、数字の読み方ができないのか、社を上げてmixiの株を空売りしているのか、「ネットなんて鼻くそ以下だろテキトーテキトー」と思っているのか…… まあ何かしら理由があるのだろう。しかし新聞社発のデマってのも怖いね!

多くのブログ・ニュースサイトが修正情報を出さずに、誤った情報を現在もまき散らしているが、アルファブロガーでお馴染みの、ネタフルは訂正情報をだしており、流石だなと思った。

「首都圏の5大学調査(追記あり)」 2012年12月10日 『ネタフル』
http://netafull.net/survey/042285.html

「97%から2%に激減」というフレーズが直感的に「変だ!」と分からず・修正ができない人・組織は、ニュースサイトの運営には向いていないので、今すぐやめた方がいいと思います(朝日新聞含む)。

執筆: この記事はHagexさんのブログ『Hagex-day.info』からご寄稿いただきました。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP