ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベルギーに前衛的なクリスマスツリーが出現 → 「伝統を守れ!」と市民が激怒

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

難解な芸術作品を観ると「なぜ評価が高いのか」と首をかしげることがないだろうか。ベルギー・ブリュッセルに現れた、前衛的なクリスマスツリーを目にした人々は、首をかしげるどころか、怒りを示す事態に。今、欧州を代表する街では、クリスマスツリーを「撤去すべきか否か」という論争が起こっている。

すべてのはじまりは、現地行政の有力者が「私たちが普通イメージするクリスマスツリー」ではなく「キューブ状のライトを組み合わせてつくったツリー(に見立てたもの)」を選んだことから。『X-mas 3』と名付けられたツリーは、高さ25mまで積み重ねたキューブで構成されており、緑色の光を不規則に放つ。

なかなか実験的なイルミネーションだが、ブリュッセルに住む人々の評判はよくないようだ。国民の大多数がキリスト教徒という背景もあるのだろう。ツリーの価値と伝統を守るために立ち上がった2万人以上は、問題のツリーの撤去を求めて、オンラインの署名に参加したとのこと。

署名に関しては様々な声が上がっている。キリスト教民主フラームス(党)の議員は「非キリスト教徒の歓心を買うためだ」と賛成の意向を示す。逆にネット上では「本質は多文化主義への攻撃だ」「イスラム嫌悪症ではないか」と言う声も。論争から距離を保っているのはムスリム・コミュニティーの代表者で「我々はキリスト教国家で暮らしている。伝統的なツリーにとやかく言う気はない」とコメントしている。

結局、行政側は「モダンと伝統をブレンドしたツリー」と批判を一蹴し、撤去には応じない考えを示した。どうやら今シーズンいっぱいは撤去されない模様だ。

画像: ブリュッセルのクリスマスツリーをめぐる一悶着を伝えるサイトのキャプチャー
http://rendezvous.blogs.nytimes.com/2012/12/01/christmas-tree-controversy-fires-multicultural-belgium/?partner=rss&emc=rss

※この記事はガジェ通ウェブライターの「香椎みるめ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP