ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの“国民的のど飴”が、女性に嬉しいリニューアル!今年の冬の必需品に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

風邪でのどの痛みを訴える人が多くなる、これからの季節。もし、風邪をひいてしまったときに欠かせないのが「のど飴」。でも、いざ買おうと思っても、お店には種類がありすぎて、どれを選べばいいのかわからない…。そんなあなたに、ちょっとしたお役立ち情報を。

市販されている「のど飴」は医薬品、指定医薬部外品、食品に分けられているのをご存知だろうか?医薬品は厚労省より効果効能が認められた有効成分が配合されており、指定医薬部外品は医薬品に比べて身体に対する作用が緩やか。食品は効果効能はないが、喉によいとされている成分が配合されている。それぞれ特徴が異なるが、もし風邪に対して症状を抑えたいと思った場合には医薬品が最も有効といわれている。

そんな医薬品の「のど飴」の中でも、1968年の発売以来ロングセラーを続けているのが「南天のど飴」だ。風邪の症状に効くだけでなく、予防にもつながるとして、幅広い年代から人気を集めている。商品名を聞くと、自然に「南天のどあめ〜」のメロディが浮かんでくる人も多いはずだ。

その「南天どの飴」が、今年の冬に向けて大幅リニューアルを果たした。従来の味に加え、「はちみつ梅風味」、「はちみつハーブ風味」の2つの味を追加。はちみつのソフトな味わいは、これからの時期にぴったりだ。さらに、缶のイメージが強かったパッケージをパウチパックにすることで、持ち運びやすさと、飴の取り出しやすさを向上させた。

また、特設サイト(http://nanten.j-wave.co.jp/)では、27日までJ-WAVEとコラボした「南天のど飴 かえ歌コンテスト produced by “J-WAVE GROOVE LINE Z”」を展開。優秀賞を獲得すると、イメージキャラクターを務めるNMB48のミルキーこと渡辺美優紀の直筆サイン入りトートバッグやクオカードをもらうことができる。

昔ながらの伝統の味を守り、より使いやすくなった「南天のど飴」。今年の冬の風邪対策に、是非試してみて!詳細はHP(http://nodoame.jp/)でも確認できる。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP