ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1000万円の借金を返済した男の「お金の片づけ術」とは(2)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 巷に広がるお金を貯めるためのノウハウ。しかし、実践してもなかなか上手くいかないものです。
 まず貯金をする上で大事なことは自分の消費行動をしっかりと把握すること。放送作家、戦略的PRコンサルタントの野呂エイシロウさんは『なぜかお金が貯まる手帳術』(集英社/刊)で、お金を貯めるためのマインドの持ち方や手帳を使った具体的な実践方法を伝授します。
 もともと借金まみれだったという野呂さんですが、どのようにその生活から抜け出したのでしょうか。インタビューを行いました。今回は後編をお送りいたします。

 ◇   ◇   ◇

―この本では、使ったお金を「ハッピーなお金」と「ダメなお金」に分けて考えていますが、「ハッピーなお金」と「ダメなお金」の違いとはなんですか? また、「ハッピーなお金」が増えることでどのようなことが起こるのでしょうか。

「「ハッピーなお金」とは、その人にとって価値があるお金です。使うことによって自分も周りもハッピーになるお金とも言えます。いっぽうで、「ダメなお金」とは、あまり意味がなかった出費です。
たとえば、誰かとレストランで食事をしたとします。その食事がとてもおいしく、会話も弾んで、新しいアイディアが生まれたとしましょう。その食事には、2万円がかかったとします。高額ですが、その日に生まれたアイディアで新しいビジネスがスタートできたら、それは「ハッピーなお金」です。
一方で、ひとりきりでファストフードに入り、安いからという理由だけでハンバーガーのセットを買って、なんとなくムシャムシャ頬張って食事を終えたとします。500円程度で済んだし、お腹はとりあえずいっぱいにもなりました。でもこれは、僕にとっては「ダメなお金」です。なぜならその間、誰とも話もしていませんし、アイディアも生まれていないからです。空腹を満たしてくれるだけで、それ以上の価値を生んでいない500円は、誰かと話してアイディアを得られた2万円より、ずっと「ダメなお金」なんです。
ハッピーなお金が増えるということは、自分自身の生活がハッピーになっていくということ。僕たちは日々お金を使います。使うお金がぜんぶハッピーになれば、人生そのものがハッピーになっていくんですよ」

―野呂さん自身はこの手帳術を実践した後、どのようなお金の貯まり方をしていったのですか?

「毎朝、銀行でチェックしていると、ある日突然「あ、10万円貯まっている」と気が付きました。借金が雪だるま式に大きくなっていったのと同様に、貯金も速度は若干遅いのですが、それこそ、雪だるま式に増えて行きました。
なにせ、使っているお金が半額以下に減ったのですから・・・。
あとは、すべてのレシートを○印にしたい!すべての日々を○印にしたい!という思いが強くなりましたね。気がつくと、HAPPYな数字が、貯金通帳にあるという感じでしょうか?」

―よくお金をよく使っているという野呂さんですが、お金を使う際に自分なりに決めているルールはありますか?

「僕は「本当にこれが必要かどうか」と考えてから買いものをします。衝動買いは絶対にしません。「欲しい」という気持ちだけで買ってしまうこともありません。欲しいし、なおかつ必要だと思えるものだけ買うようにしています。
また、あらゆる出費が自分への投資だと思っています。「頑張ったから、ご褒美に」と思って何かを買うことはないですね。むしろ、「これを買えば明日から仕事がもっと頑張れる」と思えるものを買います。
買いものには、人生観が表れると思います。必要なものだけを買えるようになると、自然に身の周りもスッキリしてきて、部屋もいつも清潔で整頓された状態になるんですよ。ムダなものに囲まれている生活をしている人は、ムダづかいも多いはず。いちど自分のお金の使い方を見直してみるといいと思います」

―本書を執筆した経緯についてお聞かせ願えますか?

「一千万円の借金を抱えていたころ、僕は文字通りどん底にいました。いつも気分は追い詰められていました。でも、僕はそこから立ち直って、現在はとてもすっきりと充実した生活をしています。「お金のお片づけ」を実行して、僕は生まれ変われたと思いました。人生が180度変わったと言っても過言ではありません。
この経験から、僕と同じような悩みを抱えている人たちと気づきを共有できたらと思ったんです。だらしなかった僕だからこそ、伝えられることがあります。不器用でダメな僕だけど、こんなにシンプルな方法で立ち直ることができました。「稼いでいるのに、なぜかいつもお金がない」と悩む人たちに、今だから伝えたいことを、正直な気持ちで綴っています」

本書をどんな人に読んで欲しいとお考えですか? また、最後に読者の皆様にメッセージをお願いします。

「「お金のお片づけ」は、稼いでいる額には関係なく、どんな人にも有効な方法です。
もっと上手に自分のお金をコントロールしたい人、お金に振り回されたくない人、効率よくお金を貯めて行きたい人に読んでもらいたいですね。家計を預かる主婦の方々にも、ぜひおすすめです。
お金のお片づけを習慣にして、ハッピーにお金を使いながら、生活を楽しく余裕あるものにしていきましょう!来年から、来週からではなく、今からはじめることが何よりも大切です」

(了)



(新刊JP)記事関連リンク
1000万円の借金を返済した男の「お金の片づけ術」とは(1)
居酒屋で“○○○○○”を頼む人はお金が貯まらない?
貯金したいなら絶対やってはいけないこと

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP