体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

May’n、KOTOKO、及川光博に1万人が熱狂! 「ANIMAX MUSIX 2012」レポート“全曲セットリスト”付き

アーティストとファンが創るアニメミュージックの祭典「ANIMAX MUSIX 2012 supported by スカパー!」(以下、「ANIMAX MUSIX 2012」)が、23日横浜アリーナにて開催。May’n、KOTOKO、及川光博さん、栗林みな実さん、GRANRODEOら豪華アーティストが1万人以上の観客を盛り上げました。

今回で、6回目となる「ANIMAX MUSIX」は、「アニメミュージックの魅力を世界へ」をコンセプトに、アニメの主題歌やカバー曲などを人気アーティストが歌うライブイベント。2009年にアニマックス初のライブイベントとして品川ステラホールで開催して以来、2010年11月には、横浜アリーナへステージを移し、1万人がひとつになるアニメミュージックの祭典と題してさらにパワーアップ。

アニメのタイアップ曲やタイアップ曲ではないオリジナル曲も披露。更に「ライブで聴きたい曲」や「見たいコラボレーション」を世界中の視聴者から募り、投票上位曲をカバー&コラボレーションするといった、視聴者参加型企画も話題を集めています。

また、日本のアニマックスのみならず、ドイツ、スイス・イタリアの一部地域、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、ハンガリー、チェコ共和国、スロバキア、ルーマニア、ポーランド、オーストリア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルクなど、世界各国で放送しているのも特徴です。

今回は、「ANIMAX MUSIX」ならではの新企画として、アニマックスで人気放送中の「機動戦士ガンダム」シリーズの楽曲を、ファンの投票によりカバーする「GUNDAM SELECTION(ガンダムセレクション)」を実施しました。この企画では、及川光博さん、KOTOKO、栗林みな実さんがガンダムシリーズから7曲を披露。ステージ上の巨大スクリーンに投影される「機動戦士ガンダム」シリーズの映像をバックにファンは大熱狂。

7月に行なわれた「ANIMAX MUSIX 2012」の記者会見で、KOTOKOが演出について「この場で言ったもん勝ちだと思うので、例えば……飛ぶとか!(笑)」と発言し、注目を集めましたが、当日は会場の中央をパワフルに走りぬけ、「飛ぶのはまた今度のお楽しみで!」と笑顔でファンの声援に応えていました。

シンガポール出身の女性アイドルグループSea*Aや、グラビアアイドルとしても大人気の吉木りささん、麻生夏子さんらキュートな女性アーティストたちがイベントを彩る中、MCで会場を多いに盛り上げたのが、及川光博さん。

シルバーに光る“スペイシー”な衣装を「どうこの俺の一張羅?」と尋ね観客を沸かせると「みんな本当に好きなんだね、アニメミュージックが」と嬉しそうに会場を見回し、「俺も相当好きだけど、古い(笑)。『伝説巨神イデオン』とか歌うよ。ミッチークラスになるとカラオケスナックを貸し切るね!」と日頃からアニメミュージックを楽しんでいるエピソードを披露しました。最後には観客全員で「ミッチー!!」と絶叫し、会場は一体感に包まれました。

ステージで炎をおこし、ダイナミックな演出を行なったGRANRODEOは“アニマックスカラー”のブルーの衣装に身を包み、テレビアニメ『黒子のバスケ』OPの「RIMFIRE」他、ロック魂あふれる楽曲を熱唱。横浜アリーナはライブハウスさながらの熱気に。11月23日はGRANRODEOのデビュー日でもあり、観客からは大きな祝福の拍手が贈られました。

アニメミュージックとしての人気はもちろん、今年はワールドツアーを成功させるなど、トップアーティストとして精力的に活動するMay’nは、さすがの歌唱力で6曲を歌いあげ、大トリの大役を果たしました。

最後には、出演者全員でテレビアニメ『ONE PIECE』のOP「ウィーアー!」を熱唱し、いつまでも声援と拍手が鳴り止まない中、大盛況のうちに「ANIMAX MUSIX 2012」は終演。この模様は2013年、BSスカパー!などで放送予定なので、行けなかったあなたもこの盛り上がりをテレビで楽しもう!

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会