体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上手なつけまつ毛の使い方をアドバイス! 資生堂の“年末限定”「ちょい足しおめかしアイメークレッスン」予約はお早めに

昔は、ギャルメークのイメージが強かった「つけまつ毛」も、今やメークの定番に。これから年末にかけて、クリスマスパーティや忘年会、結婚式など“ハレの日”が多いもの。つけまつ毛で華やかなメークをして、いつもと違う自分を演出できたら、もっと楽しくなりそうですよね。

店頭には様々な種類のつけまつ毛が並び、“つけまマスター”が増える一方で「上手につけられない」「不自然に見えてしまう」「保存方法が分からない」などお悩みの声も。

筆者も以前挑戦したことがあったのですが、しっかりとつけることが出来ず、まばたきする度に違和感を感じ、最終的にはポロリと取れてしまったことがありました。あとは「ちょっと派手すぎたかな……」と不安になったり。

そんな、つけまつ毛の正しいつけ方を中心に、“おめかしメーク”を短時間で出来る様にレッスンする「ちょい足しおめかしアイメークレッスン(つけまつ毛付き)」が、「SHISEIDO THE GINZA」にて11月21日からスタート。実際に体験してきました!

訪れたのは、SHISEIDO THE GINZAの3階にある「パーソナルビューティーセッション」。60分のパーツメーキャップレッスンから90分のフルメーキャップレッスン、パーソナルカラーレッスンまで、最新の分析機器を使いながら、お悩み解決のためのアドバイスが出来る有料カウンセリングサービスです。

まず、メークに関するお悩みや聞きたいことなどをカウンセリングシートに記入。専門知識を持ったビューティーメンターさんと1対1でお話しながら、理想の仕上がりについて相談していきます。メークや美肌に関する特別な訓練を受けた専属のカウンセラーさんで、親身になって話をじっくり聞いてくれるので安心です。

そして、カメラで自分の目を撮影し、“目のバランス”を測り、モニターで確認します。目の美しいバランスとは、

・縦幅:横幅=1:3の比率
・目の縦幅:まぶた幅目=1:1の比率
・目尻の下側の角度は約10度

とのこと。自分の目と、このバランスとを比較してメークのポイントを決めていきます。例えば筆者は、まぶた幅目が少し短めだったので、アイシャドウやつけまつげを自分の目よりやや長くすることで、目をパッチリと大きく見せるテクニックを学びます。

その後は、メークのイメージや使うアイテムのカラーを選びます。「かわいい」や「女性らしい」「クール」などのイメージを選択して、アイカラーをクリック。そうすると、モニター上の自分の顔が、実際にメークをした様に変化するので驚き。こちらと同じ手法を使った「ミライミラー」はさらに動画でシミュレーションできるもので、1階の「ビューティーマルシェ」で体験することが出来るので、ぜひ試してみてくださいね。

今回、筆者は普段使った事が無いパープル系のアイシャドウをチョイス。それに合わせてチークやマスカラなども用意してくれます。

続いてはつけまつ毛を選びます。3種類のつけまつ毛を実際に目にあててみて、どれがその人に似合うか、しっかりと見てくれるので自分に似合うつけまつ毛が分かります。また、用意されているつけまつ毛は、この3種類だけでは無く、「目尻にワンポイントを」など要望に応じて提案してくれるので、気軽にビューティーメンターさんにお話してみましょう。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会