体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尼崎事件で注目のたこ焼き店店主 廣瀬哲也の告白

尼崎事件で注目のたこ焼き店店主 廣瀬哲也の告白

10月19日配信の記事『尼崎事件インタビューでキャラに注目集まる たこ焼き店経営男性の実像に迫る』(http://getnews.jp/archives/265438)で紹介した廣瀬哲也(ひろせてつや)さんだが、その後も勢いは衰えることなく、各メディアの取材に精力的に応えている。思わぬことから人気スター並みの露出をすることになった彼に、この1か月を振り返ってもらおうと再度インタビューを申し込んだ。

まず言いたい 角田優太郎はイケメンじゃない!

筆者:相変わらずのご活躍ですね。あれから一か月の間に角田美代子容疑者が逮捕されたり状況も変わってきましたが、取材の内容にも変化はあるのでしょうか?

廣瀬:はじめは角田のおばちゃんに関する質問ばかりだったのが、息子(角田優太郎)、瑠衣ちゃん、李容疑者に関する質問に変わってきましたね。今マスコミで流れているそれぞれの印象って、だいたいは僕が証言した内容がそのまんま使われているんですけど……ひとつだけこの機会にぜったい訂正しておきたいことがあるんです。

筆者:どんなことでしょうか?

廣瀬:息子の見た目に関することなんですけど、よく”イケメン”とか”容姿端麗”とか言われてるじゃないですか。あれ僕のうっかりっていうか……言い間違いがきっかけなんです。ただ「目だけはかっこいい。外人みたいで」って言おうとしたのを記者さんのプレッシャーに負けて「かっこいい」と言わされてしまったっていうか。

筆者:そうなんですね! 実際のイメージはどんな感じだったんでしょう?

廣瀬:体型はずんぐりむっくりやし、顔は奇面組の一堂零みたいやなって思ってましたね。でもブサイクなわけでもないし、ゆうたらフツーのルックスですよ。僕のまわりによっぽどかっこいい友達たくさんおるから、センスを疑われないためにもこの点だけは訂正しておきたかったんです。

印象に残ったのは『朝ズバッ』 みのもんた生電話

筆者:これまでNHKから民放までかなりの数の番組に出演されましたよね。今のところ一番印象に残っているものはどれですか?

廣瀬:やっぱり『朝ズバッ』でみのもんたさんと電話した時ですね。事前に「7時45分くらいに電話しますんで」と言われてたんですけど、その待ち時間とか本気でテンパってましたよ。そんで電話終わったら何しゃべったか全然おぼえてませんでした(笑)。

筆者:「角田美代子は好みのタイプか?」とか意味わからないこと聞かれてましたね。

廣瀬:それも全然おぼえてないけど、たぶん角田のおばちゃんを恋愛対象にすることは不可能ですね!

筆者:あと、聞かれてもいないのに「お風呂とベランダが怪しい(殺人現場として)と思う」って言ってましたけど、何日か後の警察発表で廣瀬さんの予想通りだったことがわかってびっくりしました。

廣瀬:僕、子供のころにデパートで泥棒を捕まえて曽根崎警察(大阪市)から表彰されたことがあるんです。その時の判断力や指揮力を警視正から「君は犯罪のにおいをかぎ分ける才能がある。大人になったら絶対警察に入れよ!」ってほめられたほどで。そういう勘だけはすごいするどいんですよ。

不愉快な取材もあった 言いたかないけど『神戸新聞』

筆者:これだけの取材があると、やっぱり中には嫌なこともあると思うんですが。

廣瀬:あるね~、神戸新聞! あそこで記者やってる友達もいるから言いたくはないんやけどね。

筆者:どんなことがあったんですか?

廣瀬:街を歩いてたらとつぜん若い女性に「たこ焼き屋のご主人ですよね? 神戸新聞の記者なんですがインタビューさせてください」って言われたんですよ。プライベートな時間やったし突然聞かれてもこまるから断ったんですけど、しつこく付きまとってきてしまいにはパチンコ屋の隣の席まで(笑)。嫌になってトイレに逃げ込んだらさすがに帰りましたけどね。

筆者:強引な取材でネタを拾おうとする記者もいるんですねぇ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。