ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【テレビ】来秋スタートの朝ドラ主演が杏に決定 激動期生きたヒロインは「理想の女性」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【テレビ】来秋スタートの朝ドラ主演が杏に決定 激動期生きたヒロインは「理想の女性」

NHKでは来年9月30日から、連続テレビ小説をスタートさせると発表。その主人公・卯野め以子(うの・めいこ)を女優の杏が演じることが決まった。「食」への情熱を胸に、激動の大正・昭和期を生きたヒロインを演じる杏は、「インタビューなどで理想の女性像を聞かれると、『明治から大正、昭和の世を生きた女性』といつも答えていました。今回のヒロイン役がまさにその時代を生き抜いた女性。すごくうれしく思っています」と感激の面持ちで語った。

大正モダンが華やかなりしころ、東京・下町の洋食屋で育った食いしん坊のヒロインが、街づくりに情熱を懸ける大阪の男に恋をした。ドラマでは、「どんな困難にぶち当たっても、ご飯を食べていれば何とかなる」との信念を持つめ以子が、“食い倒れの街”大阪に嫁ぎ、真心込めた料理で家族の心を解きほぐし、たくましく生きていく姿を描く。脚本は人気ドラマ「JIN-仁-」などを手掛けてきた森下佳子氏の書き下ろし。森下氏は「『今日も頑張ろう』と思ってもらえる朝の15分間になれば。食事が豊かになる、寂しくなるということがどういうことなのか、一緒に考えてもらえたら、さらにうれしい」と作品に込めた思いを語った。

杏は「どんなに朝が早くても食事を作って、3食必ず食べるようにしている」と私生活でも食へのこだわりが強いようで、「私と共通点が多いヒロイン。め以子を通じて激動の時代を追体験し、全国に食を通じた幸せを届けたい」と意欲十分。父親の俳優・渡辺謙からも「長丁場だが頑張るように」と応援を受けたことを明かし、「大阪に嫁ぐつもりで演じます」と“嫁入り”宣言した。

制作統括の岡本幸江チーフ・プロデューサーは、「現在は本当の意味での『生きる力』が問われている。食べることは、最終的には一番大事なこと。食を切り口とした家族の歴史を描きたいと思った」とテーマの意図を語り、「今回はオーディションを行わず、直接お願いをした。ヒロインの半生を演じ切れるキャリアと実力を兼ね備えた女優は、杏さんしかいない」と起用理由を明かした。
「ごちそうさん」(NHK総合)


【テレビ】来秋スタートの朝ドラ主演が杏に決定 激動期生きたヒロインは「理想の女性」
杏 (アン)
生年月日 1986/4/14 (おひつじ座)
出身地 東京都


(c)テレコ!
情報提供:東京ニュース通信社


(テレコ!)記事関連リンク
杏の出演番組をチェック!

テレコ!の記事一覧をみる ▶

記者:

テレコ!は地上波・BS・CSのテレビ番組情報のメディア横断検索をはじめ、番組特集やインタビュー、番組解説などを提供するテレビ番組情報サービスです。

ウェブサイト: http://teleco.tv/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。