ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

当選者だけが行ける『眠眠打破』イベントでNMB48と屋形船に乗ってきたんだニャン♪

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
眠眠打破 MNB48 ニャンニャン屋形船

「ニャン・ニャン・ニャハー!♪」……はい、今回は『眠眠打破×NMB48~NMB48と行くニャンニャン屋形船』キャンペーンに常盤薬品さんのご好意で参加させてもらいました。

今回のこのイベント、『眠眠打破』のキャンペーンに当選した48名の精鋭ものだけが参加できるという、ファンにとってはまさに夢のイベント。はたして参加者はどんな”夢”を見たのか?この記事では当日のイベントの様子をレポートします。

全ての写真が表示されない場合はこちらからどうぞ

ネコミミは装着必須だニャン

船上看板

改めてこのイベントの概要を説明しよう。参加できるのは、『眠眠打破』を買ってキャンペーンに応募・当選した人のみ。当選した人はNMB48と屋形船に同乗できるだけでなく、食事をしながら眼前のメンバーと会話が楽しめてしまう。じゃんけん大会や記念撮影なども盛り込まれているというファン垂涎(すいぜん)の内容が予定されている。

東京、名古屋、大阪の3か所で開催が行われるが、今回は東京の「ニャンニャン屋形船」に同乗させてもらえることになった。東京の屋形船の出発は品川の「船清」から。「かぐや姫」に乗船し、天王洲運河から東京港をぐるりと回って戻ってくるという予定。

受付

当日、行儀よく並んでいる当選者に配られたのは乗船手形、参加者名札、そしてネコミミ。

手形

乗船手形には「ニャンニャン屋形船 東京 乗船手形」と書かれ、表には「眠眠打破 N.M.B?」と押印されているレアグッズ間違いなしの木札。参加者名札には「○○ニャン」と語尾がネコ化したものが用意されている。

ネコミミ

(余談だが、スタッフ・取材陣にもネコミミは配られ、全員に装着が義務付けられていたほどの徹底っぷりであった)

ネコミミとスタンプ 歯型

また、受付完了時には「歯型スタンプ」を手に押してもらえる。そののち席順抽選が行われ、あとは乗船を待つのみとなる。
受付を済ませ、船着き場で待っていると、遠くからエンジン音。船が近づいてくる。

近づいてくる?! 船上のメンバーたち

船のブリッジには、手を振るNMB48のメンバーたち。さっきまで曇っていた天気が、空気を読んだかのように晴れ渡った。参加者の顔も晴天だ。

MNB48登場 対面

さっそく参加者もNMB48メンバーと同じ船に乗り込み、ブリッジで記念撮影。天気も笑顔もまぶしい。

記念撮影 メンバー1 メンバー2 メンバー3

程よく狭い屋形船がうれしいニャン

船内

いよいよ屋形船に乗り込むと、船内は窓に沿ってテーブルが並べられ、足元は掘りごたつのようになっている(実は記者も屋形船は初体験)。各テーブルの窓側に参加者が3人ずつ着席し、通路側にはモフモフな毛並みのクッションが置かれている。ここに彼女たちが座るのだろうか。その距離、約60~70センチといったところ。近い。

屋形船そのものは潤沢なスペースがあるわけではないので、この限られた空間でメンバーとともに過ごせるというのは、かなり贅沢なイベントなのだという実感がある。

乗り込み後間もなく、いよいよNMB48メンバーが登場!

メンバー登場 メンバー登場2

参加者のテンションがあがるのを感じる。全員の掛け声「ニャンニャンニャハー!」を合図に出航。
落ち着いたところでメンバーが一人ずつ自己紹介を行う。

自己紹介 自己紹介

東京での、NMB48参加メンバーはこちら。※敬称略・自己紹介順

渡辺美優紀(わるニャン)
山本彩(ろっくニャン)
福本愛菜(あくてぃぶニャン)
吉田朱里(すらっとニャン)
岸野里香(あねごニャン)
小笠原茉由(あにめニャン)
小谷里歩(へたれニャン)
門脇佳奈子(きゃぴニャン)
谷川愛梨(づかニャン)
矢倉楓子(すけっとニャン)
島田玲奈(すけっとニャン)
高野祐依(すけっとニャン)

メンバーは12人、そしてテーブルも12卓。このあとは各テーブルにメンバーが一人ずつ座り、おしゃべりができるニャンニャンタイムがスタート。ただし時間は一人90秒ずつ! 限られた時間ではあるがメンバーと近い距離で直接会話できる貴重なチャンス。

食事タイム 食事タイム2 食事タイム2 食事タイム5

さらには、卓上に置かれたふりかけ(のりたま、たらこ)を、メンバーからご飯にかけてもらえるサービス付きだ!笑顔をおかずにご飯が進む。

ふりかけ中 ふりかけ中2 食事

制限時間が近づくと参加者から漏れる「容赦ねえ」「ヤバいー(笑)」という声。それでも、皆の表情は明るい。

楽しむ参加者

途中ベイブリッジなどを通過するも、もちろんそちらには目もくれず、参加者はメンバーとの楽しい会話に花を咲かせた。

食事タイム3 食事タイム4 食事タイム5

“ご褒美付き” ニャンニャンじゃんけん

会話&食事タイムの後はじゃんけんイベント「ニャンニャンじゃんけん」。全員が”あにめニャン”小笠原さんとじゃんけんをし、勝ち抜けた人にはご褒美となる。

じゃんけん大会

最初のゲームでは、あにめニャンのじゃんけんが強すぎて、なかなか決まらない場面も。「最初はニャン! ニャンニャンニャハー!」の掛け声で、見事勝ち抜いたのは「やのニャン」さん。

じゃんけん大会2

メンバーたちに囲まれて、CMソングにもなった「妄想ガールフレンド」を一緒に歌い、”ご褒美”を堪能した。

熱唱中 熱唱中2

「こんな体験出来て、明日死んでもいいかなと思ってます」という、やのニャンさんの感想に対し、「生きてニャン!」「日本の未来のために明日も頑張って生きてください」というツッコミ。会場は笑いに包まれた。

続いての次のゲームではメンバー全員と一緒に写真が撮れるご褒美。勝ち抜いたのは「まさいニャン」さん。貴重なグループショットの撮影が行われ「うれしいニャン」と照れながらの感想を述べた。

あにめニャン 記念撮影

あっという間の2時間だったニャン……

気が付けば「かぐや姫」号は船着き場に戻り、楽しい2時間はあっという間に過ぎた。

「今日のこの貴重な体験を励みに今日を、そして明日、未来に向かって『眠眠打破』を飲んで生きていただきたいと思います!」という司会者のコメントでこの宴は幕を閉じた。

メンバー退場

船を下りると、通路ではメンバーが一列でお見送り。参加者ひとりひとりがメンバーと言葉を交わしながら、ハイタッチで出口に向かった。丁寧に言葉を交わすMNB48と参加者たちの姿に、見ているこちらが名残惜しい気分にさせられた。

お見送り1 お見送り2 お見送り3 お見送り4

「今回、参加してみてどうでしたか」と参加者に聞いたところ、「緊張してうまくしゃべれませんでした」「(キャンペーンには当たると思っていなかったので)奇跡だと思いました。本当」「夢のような時間です」と顔をほころばせた。

―― 以上、眠眠打破×NMB48のキャンペーンイベントのレビューでした。

12月には名古屋と大阪で同様のイベントが行われる予定です。また『眠眠打破』の公式サイトでは、MNB48コラボグッズが当たる、新たなキャンペーン情報も告知されているので確認してみてください!

眠眠打破 ブランドサイト[minmin.tv]|常盤薬品工業
http://minmin.tv/ [リンク]

眠眠打破 ニャンニャン屋形船
オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。