体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

当選者だけが行ける『眠眠打破』イベントでNMB48と屋形船に乗ってきたんだニャン♪

眠眠打破 MNB48 ニャンニャン屋形船

「ニャン・ニャン・ニャハー!♪」……はい、今回は『眠眠打破×NMB48~NMB48と行くニャンニャン屋形船』キャンペーンに常盤薬品さんのご好意で参加させてもらいました。

今回のこのイベント、『眠眠打破』のキャンペーンに当選した48名の精鋭ものだけが参加できるという、ファンにとってはまさに夢のイベント。はたして参加者はどんな”夢”を見たのか?この記事では当日のイベントの様子をレポートします。

全ての写真が表示されない場合はこちらからどうぞ

ネコミミは装着必須だニャン

船上看板

改めてこのイベントの概要を説明しよう。参加できるのは、『眠眠打破』を買ってキャンペーンに応募・当選した人のみ。当選した人はNMB48と屋形船に同乗できるだけでなく、食事をしながら眼前のメンバーと会話が楽しめてしまう。じゃんけん大会や記念撮影なども盛り込まれているというファン垂涎(すいぜん)の内容が予定されている。

東京、名古屋、大阪の3か所で開催が行われるが、今回は東京の「ニャンニャン屋形船」に同乗させてもらえることになった。東京の屋形船の出発は品川の「船清」から。「かぐや姫」に乗船し、天王洲運河から東京港をぐるりと回って戻ってくるという予定。

受付

当日、行儀よく並んでいる当選者に配られたのは乗船手形、参加者名札、そしてネコミミ。

手形

乗船手形には「ニャンニャン屋形船 東京 乗船手形」と書かれ、表には「眠眠打破 N.M.B?」と押印されているレアグッズ間違いなしの木札。参加者名札には「○○ニャン」と語尾がネコ化したものが用意されている。

ネコミミ

(余談だが、スタッフ・取材陣にもネコミミは配られ、全員に装着が義務付けられていたほどの徹底っぷりであった)

ネコミミとスタンプ 歯型

また、受付完了時には「歯型スタンプ」を手に押してもらえる。そののち席順抽選が行われ、あとは乗船を待つのみとなる。
受付を済ませ、船着き場で待っていると、遠くからエンジン音。船が近づいてくる。

近づいてくる?! 船上のメンバーたち

船のブリッジには、手を振るNMB48のメンバーたち。さっきまで曇っていた天気が、空気を読んだかのように晴れ渡った。参加者の顔も晴天だ。

MNB48登場 対面
1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。