ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

新刊『若者を殺すのは誰か』のお知らせ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
新刊『若者を殺すのは誰か』のお知らせ

今回は城繁幸さんのブログ『Joe’s Labo』からご寄稿いただきました。

新刊『若者を殺すのは誰か』のお知らせ

若者を殺すのは誰か? (扶桑社新書)
城 繁幸 (著)
http://www.amazon.co.jp/若者を殺すのは誰か-扶桑社新書-城-繁幸/dp/4594067050/

年金や医療・介護などの「社会保障費」だけでなく、1000兆円以上もの「国の借金」なども含めた「生涯における受益と負担(純受益額)」の差額は、30代と60歳以上の世代で6077万円と試算された。

この「世代間格差」は今もますます拡大している。
このツケは、現役世代や若者、そして未来を担う私たちの子どもや将来世代に押し付けられることは間違いない。

2009年の衆院選で、長く政権の座にいた自民党は野に下り、民主党が圧勝し政権交代が起きた。しかし、「反・自民」という旗印のもとに集った連立政権は迷走に次ぐ迷走を続け、彼ら民主党の掲げた「反・構造改革」や「行きすぎた市場主義からの脱却」といったスローガンには、何の中身もなかったことが白日の下に晒された。

橋下徹氏率いる日本維新の会、そして石原慎太郎・東京都知事による石原新党など、来る衆院解散総選挙への関心が高まる今、日本が抱える問題点や、現役世代や若者、そして将来世代を追い詰めているのは誰なのかを考える、ビジネスパーソン必読の書! というのは紹介文で、ありていに言うと、SPA!連載の初の単行本化である。

連載の単行本化といっても、そのまま並べても本になんてならないわけで、あれこれ手を入れないといけない。週刊・東洋経済の連載の時もそうだったけどそれがメチャクチャしんどいので個人的にはあまり乗り気ではなかったのだが「編集側できっちりサポートするので大丈夫ですよ極力お手間はかけませんから」とか言われてOKしたものの、いざはじめてみると自分でやらないと気が済まない性分なので結局オリジナルの半分以上リライトしてしまった。

というわけで、結果的に書き下ろしレベルにはまとまっていると思う。
SPA読んでたけどグラビアしか見てないやという紳士にも、表紙が恥ずかしかったから手に取れなかったという淑女にもおススメの一冊だ。

執筆: この記事は城繁幸さんのブログ『Joe’s Labo』からご寄稿いただきました。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。