体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テレビの裏側まで見えてくる!『ゲームセンターCX COMPLETE』レビュー

dsc_855a5

皆さんは『ゲームセンターCX』というテレビ番組をご存じでしょうか。これはフジテレビCS放送のフジテレビTWO及びフジテレビNEXTにて放送されているゲームバラエティ番組で、お笑いコンビ“よゐこ”の有野晋哉(以下、番組内でのキャラである有野課長)が主にファミコンやスーパーファミコンといった昔懐かしい家庭用ゲームに挑戦してクリアを目指すという、今年の11月に6周年を迎える長寿番組なんです。本放送が有料放送という事もあるからかDVD-BOXの売れ行きは好調で、既に書籍化、ゲーム化も果たしました。

今回は新しく太田出版から発売された書籍『ゲームセンターCX COMPLETE』を紹介します。これは同じく太田出版のゲーム・アニメ雑誌『CONTINUE』にて3回にわたって収録されたインタビューや特集記事に加筆し、再構成したものです。5年半で行われた11シーズンを丸ごとダイジェストで紹介し、インタビューや今だから話せるエピソードなどを多くの写真を交えて紹介しています。

出演者と言っても本来出演者と言えるであろうタレントは有野課長のみなわけですが、この本には番組制作のスタッフがどんどん顔出しで登場します。『ゲームセンターCX』では有野課長を助ける助っ人として、本物の番組スタッフがシーズンごとに交代で出演しているのです。カメラマン、構成作家、音響、ビデオエンジニア、VTR編集者、プロデューサーなど、本来裏方であるはずのスタッフが隠れることなく登場、出演するのです。他のテレビ番組でも時々スタッフを映すようなシーンは見られますが、放送中にタレントと多くのスタッフが当たり前のように会話し、それで番組が成り立っているというのはなかなか見られない光景ではないでしょうか。

ということで、この本では有野課長のインタビューだけでなく、多くのスタッフにもインタビューが行われています。スタッフ1人のインタビューに2ページも割いて掲載するのも、『ゲームセンターCX』“らしさ”なわけです。イラストや料理が得意でリーゼントが特徴的なカメラマン阿部氏による漫画なども収録されています。

基本的に有料放送であるため、知名度に関しては地上波テレビ番組に対して圧倒的に不利なはずですが、口コミでそのおもしろさが広がり、DVDやゲームが出れば売れ、イベントを行えば大勢のファンが押し寄せます。そんなこの番組、8月29日~30日にかけて『ゲームセンターCX 24時間テレビ 有野課長が○○を救う!?』と題し、なんと24時間生放送に挑戦するとのこと。これまでもクリスマスに9時間生放送をやったり、番組の原点に立ち返った2時間生放送をやったりと意欲的な番組作りをしていたので、いつかはやるのかもしれないとファンである筆者は思っていたのですが、まさか日本テレビの24時間テレビにかぶせてくるとは思いませんでした。8月の最後の土日は長時間録画の準備をしつつ、テレビの前にかじりつくことになりそうです。

■関連記事
遊び心満載の『ひぐらしのなく頃に』公式アンソロジー集『ひぐらし。』
熱き武将の生き様をみよ!! 学習研究社『戦国“漢(おとこ)”絵巻』
ご当地モノを“ねこまんま”で食す『もう一杯 おとなのねこまんま』

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。