体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お詫び文掲載10カ月後の「再犯」……ガジェット通信 短期集中連載~佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る(第2回)~

「週刊朝日」編集長が大阪市・橋下徹市長に全面謝罪

「週刊朝日」編集長が大阪市・橋下徹市長に全面謝罪

【特別取材班より:この短期集中連載のすべての記事一覧はこちらです】

「週刊朝日」(10月16日発売/10月26日号)でノンフィクション作家・佐野眞一氏がスタートした連載「ハシシタ 奴の本性」は、たった1回にして連載打ち切りになるという前代未聞の展開を見せた。「週刊朝日」(10月23日発売/11月2日号)は、河畠大四(かわばた・だいし)編集長名義でお詫び文を掲載している。

通常、この種のお詫び文はなるたけ目立たない場所に配置するものだ。今回のお詫び文は巻頭に見開き2ページで大きく掲載され、目次では最も目立つ場所(右肩)に配置されている。

雑誌発売に先行し、お詫び文の全文は10月22日に「週刊朝日」のウェブサイトでも公開された。以下、「週刊朝日」編集長によるお詫び文を一部ご紹介しよう。

《本誌10月26日号の緊急連載「ハシシタ 奴の本性」で、同和地区を特定するなど極めて不適切な記述を複数掲載してしまいました。タイトルも適切ではありませんでした。このため、18日におわびのコメントを発表し、19日に連載の中止を決めました。橋下徹・大阪市長をはじめ、多くのみなさまにご不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを心よりおわびします。》

《差別を是認したり助長したりする意図はありませんでしたが、不適切な表現があり、ジャーナリズムにとって最も重視すべき人権に著しく配慮を欠くものになりました。
この記事を掲載した全責任は編集部にあります。》

《今回の反省を踏まえ、編集部として、記事チェックのあり方を見直します。さらに、社として、今回の企画立案や記事作成の経緯などについて、徹底的に検証を進めます。》

↓ お詫び文の全文はコチラ ↓
http://www.wa-dan.com/info/2012/10/post-63.php [リンク]

「遺憾の意を表します」というコメントで逃げる佐野眞一氏

前回の連載でもご紹介したとおり、佐野氏は10月19日夜に以下の短いコメントを発表している。

「今回の記事は『週刊朝日』との共同作品であり、すべての対応は『週刊朝日』側に任せています。記事中で同和地区を特定したことなど、配慮を欠く部分があったことについては遺憾の意を表します」(10月20日読売新聞ウェブ版より転載)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121019-OYT1T01233.htm?from=ylist [リンク]

ノンフィクション作品が作家と編集部との「共同作品」であることは当然なのだが、「すべての対応は『週刊朝日』側に任せています」という物言いは、あまりにも無責任に過ぎないだろうか。しかも言うに事欠いて「遺憾の意を表します」とは、ずいぶんと懐かしいメロディだ。どこかの国の政治家が、これまで数知れず繰り返してきた紋切り型の逃げ口上である。

猪瀬直樹氏(作家/東京都副知事)は、佐野氏のコメントについて次のような意見をツイートしている。

《「週刊朝日との共同作品」佐野眞一言い訳コメント。作家としてそれはおかしい。記者を取材で使っても責任は筆者が負う。取材協力者が明記されてもデータ原稿を渡すのみ、単行本あとがきでの謝辞が通常。作品だからね。雑誌掲載権は編集長、およびタイトルは相談のうえで合意が通常。》(2012年10月19日23:49投稿)
https://twitter.com/inosenaoki/status/259305247774756866 [リンク]

「ハシシタ」には今西憲之氏と村岡正浩氏という二人の取材者のクレジットが明記されており、それ以外に「週刊朝日」編集部も当然佐野氏とのチームプレイに加わる。連載が複数の人間による共同作業だとしても、猪瀬副知事が指摘するように最終的に責任を負うのは「佐野眞一」という看板だ。「佐野眞一」という看板がなければ、連載「ハシシタ」が鳴り物入りでスタートしたわけがない。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。