体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【テレビ】NHKの歴史教養ドラマが映画化 要潤と杏が「安土城焼失の謎」に迫る

【テレビ】NHKの歴史教養ドラマが映画化 要潤と杏が「安土城焼失の謎」に迫る

NHK総合の人気番組「タイムスクープハンター」が映画化され、2013年夏に全国公開される(ギャガ配給)。映画版の主演も務める俳優の要潤は、「映画化は番組スタート時からの夢だった。映画はお金を払って見に行くものですから、世の中に認められたという思い。試行錯誤して作ってきた番組なので、感極まるものがあります」と意気込みを新たにしている。

同作は、要扮(ふん)する時空ジャーナリスト“タイムスクープハンター”の沢嶋雄一が、タイムワープ技術を使って過去の時代を取材する、ドキュメンタリードラマ風の歴史教養番組。2008年にスタートし、12年には第4シーズンが放送された。映画では、沢嶋らタイムスクープハンターたちが、戦国時代に織田信長の手で造られ、わずか数年で謎の焼失を遂げた安土城をめぐる謎に迫る。テレビ版でもおなじみの沢嶋のサポート役・古橋ミナミ(杏)に新人ハンターのヒカリ(夏帆)らを加え、一同は時代を超えて歴史のうねりに飛び込んで行く。共演は他に時任三郎、上島竜兵ら。

ロケ現場で取材に応じた要は、「テレビ版ではあまり(自分が)映らない設定ですが、映画では映っているシーンがかなり多い。番組が始まって4年になりますが、久々に本気の芝居になる」と役者魂に火が付いたことを明かす。テレビ版から引き続き、監督・脚本を務める中尾浩之氏も「要さんはハンサムなので、ジェームズ・ボンド的な完璧な役にしようと思っていたが、いい意味で抜けたところなどが味になって、想像を超えたキャラクターになった」と要の好演ぶりを絶賛した。

番組のファンだったことが縁で、第2シーズンから出演している杏は「現場の中尾監督は、モニターを首からぶら下げて撮影中も移動している。ライブ感はそんなところから生まれるのかも」と作品の魅力を語るとともに、「台本のせりふには顔文字が付いていることもあり、おちゃめな監督です。テレビとは違って、映画では台本がちゃんと製本されていました」と舞台裏を暴露。対する中尾監督は「製本するのが好きじゃないんですよね」と苦笑いしながら、「テレビの要素を踏まえつつ、映画ではトリッキーな構成をした。撮影ではいい意味のハプニングもあり、見たことのない次元に到達できたのでは」と十分過ぎる手応えを語った。

「タイムスクープハンター」(NHK総合)


【テレビ】NHKの歴史教養ドラマが映画化 要潤と杏が「安土城焼失の謎」に迫る
要 潤 (カナメ ジュン)
生年月日 1981/02/21 (うお座)




【テレビ】NHKの歴史教養ドラマが映画化 要潤と杏が「安土城焼失の謎」に迫る
杏 (アン)
生年月日 1986/04/14 (おひつじ座)
出身地 東京都


(c)テレコ!
情報提供:東京ニュース通信社


(テレコ!)記事関連リンク
要潤の出演番組をチェック!
杏の出演番組をチェック!
夏帆の出演番組をチェック!

テレコ!の記事一覧をみる

記者:

テレコ!は地上波・BS・CSのテレビ番組情報のメディア横断検索をはじめ、番組特集やインタビュー、番組解説などを提供するテレビ番組情報サービスです。

ウェブサイト: http://teleco.tv/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。