体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung GT-B9150は「Exynos 5 Dual」を搭載?

 グラフィックス性能に関するベンチマークアプリ GL Benchmarkの公式サイトに、Samsung製Android端末「GT-B9150」を名乗る端末のテスト結果が登録されていたのですが、公式サイトに含まれるスペック情報から、Samsungの次世代モバイルプロセッサ「Exynos 5」を搭載する可能性を示唆する情報が含まれていたことから話題となっています。「GT-BXXX」という規則の端末はスマートフォンとして発売されてきたことから、今回の「GT-B9150」もスマートフォンと推測できます。テスト結果によると、OSバージョンは”Android 4.1.1”。注目されているExynos 5に関する情報ですが、GPU仕様(ARM Mali-T604であること)と、CPUの最大クロックがExynos 5 Dualの仕様と同じ1.7GHzであることから、「Exynos 5 Dual」を搭載するものと考えられます。Exynos 5 DualはARMの次世代CPUコアCortex-A15を2つ搭載したSoC。32nmのHKMG(High-K Metal Gate)プロセスで製造されます。GPUにはARM Mali T604を採用。RAMはLPDDR2 533MHz、DDR3/LPDDR3 800MHzをサポートし、メモリ帯域幅は最大12.8GB/s(LPDDR3 800×2)。最大1080p 60fpsでビデオのエンコード/デコードが可能、解像度WQXGA(2,560×1,600ピクセル)までのディスプレイをサポートします。グラフィックAPIはOpen GL 1.1/2.0/3.0、Open VG 1.1、OpenCL v1.1フルプロファイル、DirectX 11をサポート。その他、Stereoscopic 3D(HDMI 1.4a経由で)、SATA III、USB 3.0もサポートします。

その他の仕様については、解像度は”1280 x 672”、FINGERPRINTの情報”samsung/spcwifixx/spcwifi:4.1.1/JRO03R/SPCWIFI_TEST:eng/test-keys”の”spcwifi”が現時点でのコードネームと考えられます。Source : GL Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、Android 4.1(Jelly Bean)にアップデートされない2011年モデルを発表
米国でDroid RAZR HD / RAZR MAXX HDが発売開始、Developer Editionも発売中
Samsung GT-I9260”Superior”がGL Benchmarkの公式サイトに登場

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会