体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3万回摩擦テストで感度低下ナシ! 筆記具にもなるタッチペン『センシー・スマートペン』

プラチナ万年筆『センシー・タッチペン』ペン先

プラチナ万年筆は、スマートフォンやタブレット端末での反応が非常に良いハイテク導電繊維をペン先に採用した『センシー・スマートペン』を2012年10月25日より発売します。3色ボールペンも搭載し、アナログにもデジタルにも使えるスマートな文具です。

プラチナ万年筆『センシー・タッチペン』

『センシー・スマートペン』は、ハイテク素材の導電繊維を世界初の独自形状技術(特許出願中)で今までにない高感度を実現。従来のタッチペンで使われているシリコンゴムのペン先は、画面への摩擦が大きく入力反応がよくないものも見受けられることから、文字入力アプリやイラスト作成アプリでもストレスなく使用できるレベルを目指しました。

開発段階では「タブレット端末を客先で画面提示するとき」をイメージ。ペン操作でタッチミスを軽減し、画面に指紋などの汚れがつかない清潔さとスマートさを兼ね備え、なおかつ手帳への筆記にも対応するために3色ボールペンを搭載しました。

プラチナ万年筆『センシー・タッチペン』カラーラインナップ

タッチ部分の球径は5mmで入力エリアが見やすいのも特徴。ボディカラーはシルバー、ピンク、ブルーの3色。女性にも持ちやすいシンプルなデザインです。サイズはH134×φ10m、重さ19.6g、価格は2100円(税込み)。ペン先交換パーツ(タッチメカー1000)は2個入りで1050円(税込み)です。
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。