ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『逃走中』で自首したドランクドラゴンの鈴木拓 炎上が続きTwitterアカウントをついに削除

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


10月7日に放送されたフジテレビの人気番組『逃走中』の番組内で、ドランクドラゴンの鈴木拓さんが自首したことをきっかけに『Twitter』が炎上続きだった。この件は先日ガジェット通信でもお伝えしたが、その際は律儀にリプライ(返信)しており、中には悪質なツイートにもユーモアで返事を返すという物も見られた。

鈴木拓さんは130万2000円の時点で捕まるリスクを避け、自首を選択。自首するとそれまでの賞金をもらえる代わりにゲームが続行できなくなる。『逃走中』で定められたルールであり、違反ではない。過去にも自首をした参加者は大勢おり、中には自首直前で捕まったケースや、自首しなかったばかりにハンターに捕まり賞金がゼロとなる参加者もいた。

そう、この自首は使うタイミングがシビアで、「あともう少し行けそう」と「いつ捕まるかわからない」のジレンマを上手く心理的についているのだ。もちろん参加者の中には自首はしたくないという者もいるだろう。プライドもかかっているわけだ。
自首は特に難しいことではなく、自首用電話を使って自首を宣言するだけ(ボタンの場合もある)。このように容易に自首できるが、自首用電話に行くまでに捕まる可能性もある。

鈴木拓さんは自首に成功したのだが、見ていた視聴者の一部から反感を買い『Twitter』が大荒れとなってしまった。それが収まることがなく、「本当はこの炎上から逃走したいです。 これは自首できないですかね」と弱音を吐くこともあった。昨晩(12日)に「諸事情によりTwitterをやめたいと思います。 これからも応援宜しくお願いします」というツイートを最後に、『Twitter』アカウントを削除。実際に鈴木拓さんのアカウントにアクセスしてみると「そのページは存在しません」と表示される。

なぜ彼をそこまで追い込んだのだろうか? 自首はルールの内ではないのだろうか? そういった議論がネット上でされているが、未だに答えは出ていない。個人的には彼のキャラに合っていて良いと思ったのだが。

人気番組『逃走中』でドランクドラゴンの鈴木拓が自首して130万円ゲットするもTwitter上で叩かれる 「ルールなのになんで?」

※画像は『Twitter』より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP