体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソルのゲー評】男でも楽しめるファッションゲームの究極系 3DS『わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言!』

ウェブサイトより

男に生まれると女性のファッションを見て「ちょっとめんどくさそうだなあ」と思う反面「着たらどんな気持ちなんだろう……」と、誰でも少し興味を持つものである。これは女装趣味があるとかではなく、女性がどういう気持ちで服をコーディネートしているとかそういうことである(ちなみに私に女装趣味はない)。

そんな気持ちが少しでも分かるゲームが先日リリースされたので紹介したい。ニンテンドー3DS用ソフト『わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言!』である。2008年に発売された『わがままファッション ガールズモード』の新作になる。前作は国内だけでも90万本、世界で200万本以上売れたゲーム。

まさかの売れ行きに任天堂もビックリしたくらいだろう。開発は前作の発売直後から行われており、『ニンテンドー3DS』での発売となった。今回はさらにできることが増え、さらにコーディネートの種類やブランドの数なども豊富になっている。色違いあわせてコーディネートの数は1万2000以上。今回はメンズファッションも数多く取りそろえており男性ファッションも拘ることができる。

※全ての画像(9点)をご覧になれない方はこちらからご覧ください。

そもそも何をするゲーム?

そもそも何をするゲームなのだろうか。ただ着替えて楽しむだけ? ゲームの目的は主人公の女性が店の店員となり、お店を経営すること。そのほかにも様々な目的がありコンテストに出場し優勝したり、インテリアをそろえたり、メイクをしたり、更には雑誌に載ったりと結構やることはたくさんある。最初は全てのことができるわけではないが、「ハッピー」が溜まるとできることが解放されていくのだ。このゲームはその解放されていく感が実に心地よく、ゲームシステムが進化していくようで実にうまいこと作られている。

「ハッピー」はお店のお客さんや自分自身がハッピーになると溜まって行く。それを溜めていき、月が満月になるごとに“なにかが”起きるのだ。

<起きることの一例>
・お店の在庫が増える(レディース、メンズは在庫カウントが別)
・ヘアスタイルが増える
・メイクの数が増える

このほかにも数々の良いことが起きるので「ハッピー」を溜めるのが楽しくなるのだ。最初は在庫数が少なく管理が難しいが、後半は在庫数900とかなり増えるので余裕が出てくるだろう。

接客しよう

さて、主目的である接客だがお客さんに声を掛けられることもあれば、自ら客を選び声を掛けることもできる。声を掛けると客は要望を出してくるのでその要望通りにコーディネートしてあげる必要がある。

・ポップなスカートが欲しい
・フェミニン全身コーディネートをしてほしい

などの要望を満たすことができれば客は即買いしてくれる。もちろん客の予算内にだいたい納める必要があるが(気に入れば多少オーバーしても良い)。こうしたお店の品物は展示会という場所に行き事前に仕入れる必要がある。

順序が逆になったが展示会について説明しよう。展示会は各ブランドがブースを構え出展しており、その時期にあったファッションを販売している。フェミニン、ガーリー、エスニック、アジアン、ロリーター、ゴスロリ、プレッピーなどブランド事にジャンル分けされているので、好みのものを入荷すると良いだろう。初回に訪れた際はサンプルをもらうことができる。ちなみに展示会で購入した物はマイルームに全て送られるシステムなので、マイルームにて着替えることも可能。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。