体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アスキー・メディアワークス20周年記念! 『電撃文庫 秋の祭典2012』開催!

電撃秋の祭典ギャラリー

10月7日、東京・秋葉原にて『電撃文庫 秋の祭典2012』が開催された。秋葉原UDXとベルサール秋葉原の2か所で同時開催されており、電撃文庫にまつわる物販や展示で大いににぎわった。小雨がぱらつく中であるが開場前から大勢のファンが行列をなしており、その様子はまさに秋の祭典にふさわしいといえよう。当日は総数で約7万7000人がアキバを訪れ、イベントや展示を楽しんでいった。

電撃文庫の人気作品が勢揃い!

電撃文庫といえば『とある魔術の禁書目録』シリーズ、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』、『とらドラ!』、『アクセル・ワールド』、『ソードアート・オンライン』など多数のヒット作が生まれている大人気の文庫レーベルだ。『電撃文庫 秋の祭典2012』では、電撃文庫発の人気作品に関するイラストやフィギュアなどの展示や物販、特別上映やトークショーなど盛りだくさんの企画が行われた。物販ではイベント限定品も販売されるなど、多くのお客さんが集まり大盛況であった。

アキバ全体に波及! 周辺店舗ではサイン会も

秋葉原UDXとベルサール秋葉原で同時開催された『電撃文庫 秋の祭典2012』であったが、なんと実はこの2か所だけではなかった! 周辺店舗でも人気作家さんたちの店頭サイン会が開催されていたのである。『ソードアート・オンライン』(河原磔さん、abecさん)、『キノの旅』(時雨沢恵一さん、黒星紅白さん)、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(伏見つかささん&かんざきひろさん)など多数の作家さんたちが参加し、アキバ全体に電撃文庫作品があふれかえっている一日であった。

ファン必見の展示! 

展示会場では電撃文庫作品のイラストやフィギュアなどが多数展示されていた。過去に放送されて人気を博したものから、現在放送中のものまで幅広く展示されており、新旧ファン問わずに楽しめるような内容となっていた。それでは、展示されていたものをいくつか紹介しよう。

すべての画像が表示されない場合はガジェット通信からご覧ください

ソードアート・オンライン

現在放送中の『ソードアート・オンライン』。相変わらずイチャイチャしてる。

キノの旅

名作『キノの旅』。新刊が10月10日に発売。また、10月8日から山手線主要駅にてポスターが貼られるそうだ。

フィギュアいっぱい フィギュアたくさん

フィギュアはショーケースがずらりと並んでいた。

御坂美琴

『とある科学の超電磁砲』より、御坂美琴。凛々しい。

さくら荘のペットな彼女

秋から放送開始のアニメ『さくら荘のペットな彼女』

さくら荘のペットな彼女展示

『さくら荘のペットな彼女』の展示。ヒロインの部屋だそうだ。なんという汚部屋……。

まだまだ紹介しきれないほどたくさんの展示があったのだが、代表していくつかアップさせていただいた。この中の一部と、さらにパワーアップした展示が10月20日、21日に幕張メッセで開催される“電撃20年祭”でも行われる予定なので今回行けなかった人は是非その目で見てみよう! 電撃20年祭では、展示の他にも豪華なステージやサイン会、限定品の物販などイベント盛りだくさんなので興味のある人は公式サイトに今すぐアクセス!

アスキーメディアワークス創立20周年 電撃20年祭
http://dengeki.com/20th/[リンク]

srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。