ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHKが『サキどり』で武雄市取材もヤラセ疑惑により一部炎上 武雄市職員「完全にリアルです」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


武雄市は2011年8月から市の公式ウェブサイトを『Facebook』に移行しはじめ、市民の声が市職員に届くようにと、武雄市独特の試みをしている。このような取り組みは全国の自治体で初めてで、1年以上たった今も注目を集めている。

違う意味でも武雄市は非常に注目を集めており、ネット上で個人情報が漏洩されたり、市民の直筆アンケートを無断で公表するなど、いわゆる悪い面でも非常に有名である。そして先日9月23日に放送されたNHKの番組『サキどり』では、あまりにできすぎた出演者のヤラセ疑惑が浮上しネット上では「また武雄市か」と呆れた声が多く飛んでいる。

市民の声に素早く対応できるという部分で、市民が「市役所のレイアウトがわかりにくい」と要望し、すぐさま対応したという内容が放送された。ここにヤラセと思われる不可解な部分が3点あげられる。


(1)この要望は市役所のウォール(掲示板のようなもの)ではなく、その市民個人のタイムラインに書いている。エゴサーチをしても気づくのが難しいと思われる

(2)その市民のタイムラインは友達までの公開になっており、一般ユーザーが見に行くとがエントリーがみつからない。放送映像をよく見てみると、公開範囲が友達のみになっている

(3)その市民が実は市民向けの『Facebook講座』の講師サイドの方で、“一般”の市民ではない。

このような疑問点をまとめて武雄市のつながる部、フェイスブック・シティ課 フェイスブック係に問い合わせてみると以下のような回答が返ってきた。

武雄市「ヤラセではなく“完全にリアル”な現場をNHK様に真摯に撮影していただいた次第で御座います。(2)の質問につきましては、ある職員が“自分の『Facebook』の友人が、市に対応して頂きたいと要望を出している”と連絡したことを受けて、こちらとしては通常に業務をしたまでです。質問された市民の方が市民向け『Facebook講座』の講師というのは撮影の段階では認識はしておりませんでした。その後講師になられたという話は聞いております」

ヤラセというわけではないらしいが、過去の失態から「また武雄市がやらかしたのか」という懸念がわき、このようなヤラセ疑惑が浮上したのではないかと思われる。

※画像は『サキどり』のHPから引用
http://www.nhk.or.jp/sakidori/backnumber/120923.html[リンク]

削除要請に関しNHKへ質問をおこない、10月9日までに回答いただくようお願いしましたが、10月10日20時の時点でまだ回答をいただいておりません。よってNHK『サキどり』ウェブサイトから引用させていただいた画像の表示を再開いたします。NHKに対し、何故このような削除要請を送るに至ったのかその経緯の説明と、事実誤認が何故起きたのかその理由の解明をひきつづきお願いしております。(2012年10月10日 ガジェット通信編集部)

【画像表示の一時停止処置について】
日本放送協会(以降NHK)知財展開センター著作権・契約部より以下のような連絡がガジェット通信編集部に入り、一時的に画像の表示を停止しております。当該記事におけるNHKの番組『サキどり』の放送画面の使用は報道・批評のための引用として法的にも認められたものだと考えております。何故当該記事においてNHKの番組『サキどり』の放送画面の利用が報道・批評のための引用として認められないのかNHKに対し改めて取材をおこない、正式な回答を得たいと考えております。(2012年10月6日 ガジェット通信編集部)

貴社が管理・運営するガジェット通信においてアップロードされている下記URLの画像は、NHKの放送番組から複製した画像を無断でアップロードしたものです。これはNHKが持つ著作権及び/又は著作隣接権を侵害するものですので、速やかな削除を要請いたします。宜しくお願いいたします。

http://getnews.jp/archives/258998

NHK 知財展開センター 著作権・契約部
権利侵害対応担当

カテゴリー : エンタメ タグ :
すこやか山田の記事一覧をみる ▶

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP