ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『iPhone5』プロモーションビデオの広島弁版が来た!! 

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


全国の広島弁ファンの皆さん、お待たせしました! iPhoneやiPadと広島弁の関係を皆さんはご存知だろうか。実は数年前、『iPad』の本家プロモーションビデオを広島弁に翻訳した動画が大きな話題となった。その後、数々のアップル製品のプロモーションビデオが広島弁に翻訳されてきている。

最初に話題となったのは2010年の『iPad』発売のとき。あれから2年以上も経過した今も広島弁版プロモーションビデオは作り続けられている。そんなわけで先日発売されたばかりの『iPhone5』のテクノロジーを広島弁に解説してくれる動画が早速公開された。

当時から耳に残るおじさんの声と、独特な広島弁の訛り、そして所々に出るダジャレが今回も笑わせてくれる。折角の格好いいプロモーション紹介がこんなにもアップル製品とあわないのかと思うほどである。
A6チップ紹介時には何度もしつこいくらいに「永六輔……」とダジャレをかまし、「iPhone5(ハイブ)はわしらがこしらえた中でいっちゃんうすーて、いっちゃん軽い。この薄さのデザインに到達しようとおもーてみんさいや。ようけの部品をこまーせないけんかったわ」と、広島人でなくてもなんとなく言っていることはわかるが、雰囲気はもちろんあわない。それに加えて文字起こしする際にATOKがしんどそうである。

6分51秒間すべて広島弁に訳されているので、心待ちにしていたユーザーは早速見てみると良いかもしれない。
ちなみにこの広島弁アップル製品紹介が広まった切っ掛けは、『ニコニコ動画』への転載が切っ掛けだとか。

過去の『iPad』の動画も貼っておくのであわせてご覧になってほしい。
広島弁は漫画とドラマの『カバチタレ』で少し学んだくらいかな……。

なんでこがいに並外れた iPhone 5 ができたんか言うたら..
iPadの説明するけぇ、よう聞きんさい。[リンク]
http://youtu.be/wMz6XjgfBMY

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP