体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

場内満場! 『じょしらく』BD/DVD第一巻発売日花やしきイベントレポート

じょしらくトップ画

9月26日、浅草花やしきにて『じょしらく』BD/DVD第一巻発売記念イベントが行われた。『じょしらく』は原作・久米田康治さん、イラスト・ヤスさんによる落語漫画。久米田さんの作品は『さよなら絶望先生』などで、ヤスさんのイラストは『とらドラ!』などで見たことがある方も多いだろう。

漫画『じょしらく』のアニメ化作品が本作なのだが、落語アニメと言っても作品中の落語要素は申し訳程度で、メインは5人の女子落語家による楽屋トークだ。内容は時事ネタ、業界ネタ、あるあるネタなど幅広く、どの話題にせよ何か引っかかるところのあるトークが多い。歯切れの悪い紹介で申し訳ないが、むやみに言語化するよりも観てもらわなければ伝わらない部分が多いのだ。

イベントは“『生』女子トーーーーーーク!!第二弾”ということで、アニメさながらの安定したトークで会場も盛り上がった。イベントの様子は『ニコニコ生放送』でも同時中継され、平日の昼間であるにもかかわらず総視聴者数約8500、総コメント数約1万という人気ぶり。もちろん花やしきにおいては場内満場だったのは言うまでもない。

それでは早速今回のイベントのレポートをしていくぞ!

女子5人のかしましトークで場内爆笑

まずは登壇者の5人を紹介しよう。空琉美遊亭丸京(くうるびゆうていがんきょう)役の南條愛乃さん、暗落亭苦来(あんらくていくくる)役の後藤沙緒里さん、波浪浮亭木胡桃(はろうきていきぐるみ)役の小岩井ことりさん、防波亭手寅(ぼうはていてとら)役の山本希望さん、蕪羅亭魔梨威(ぶらていまりい)役の佐倉綾音さんの5人だ。

“女子落語家”ということで5人全員が着物を着てのイベントであった。5人は、『ニコニコ生放送』でスターチャイルドチャンネルから配信している『女子落語協会一門の女子トーーーク!』という番組でも着物を着て放送をしていることもあってか、着こなしや所作が非常によかったように思う。しかし、一旦トークが始まると衣装の美しさなどはそっちのけで、トークの面白さのほうが際立っていたのは女子落語協会一門ならではである。ここで山本さんは「わざわざ平日昼間に来ていただいたので伝説を残したい」と発言しており、これが後にあんなことになるとは思いもしなかった……。

BD/DVDには1話と2話が収録! 振り返ってみて……

じょしらく5人

BD/DVDには1話と2話が収録されている。その1話2話を振り返ってみた感想をこのように話していた。

小岩井「マネージャーさんと一緒にすごい緊張して現場に行って、1話の最後がアレじゃないですか。そうやって叫べて青春できたなって思いました」。
佐倉「DVDのCMが“返せー! みんなの金をー!”ってなっていて、すごいインパクトありましたね」。
南條「いろんな現場行っても『じょしらく』1話すごかったねー! って言われて。今後もっとすごくなるから毎回見てください!って」。
山本「確かに今と比べたら1話なんてかわいいもんだなと」。
後藤「だんだんだんだん積み重なっていって、花粉症みたいな」。

この落ちの付け方、さすが落語家である。確かに1話は本当にインパクトのある内容だ。原作が09年であるにもかかわらず今まさにホットな話題をネタにしており、笑うに笑えない方も大勢いるのではないだろうか。というような、各方面から反響が大きくて当然な内容であるので是非BD/DVDを購入してその目で確かめてみてほしい。また、特典として蕪羅亭魔梨威として佐倉綾音さんの落語が収録されている。その落語の内容について佐倉さんは「ギリギリアウトな感じ」、落語を聴いてみた感想を山本さんは「講談社さんとかいう垣根を超えてた」という感じらしい。非常に気になる!

1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy