体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

漫画家『佐藤秀峰』にきく「前例なき大ヒット漫画の二次使用フリー化に挑む理由」

エンタメ
佐藤秀峰氏

漫画家の佐藤秀峰氏がまた面白い試みをおこなうという。なんと今度は大ヒット漫画「ブラックジャックによろしく」を「二次使用フリー」にするそうだ。
サイトからダウンロードしたものをコピーしても友達にばら撒いてもよし、改変したり二次創作を行うもよし、さらにはそれらを販売して勝手に儲けてもいいらしい。
なぜ今こういう試みをやろうと考えたのか。佐藤秀峰氏に時間をいただき、直接話をきいてきた。
(ききて:中島麻美)

著作権ビジネスへの疑問

「著作権で収入を得る、という今のやり方は、もう時代に合わなくなってきているんじゃないかな、というのは肌で感じています。著作権でお金を得るビジネスモデルとは別の方法を試していかないと」

漫画家・佐藤秀峰さんは静かな口調で話し始めた。

この9月15日に、佐藤さんは漫画「ブラックジャックによろしく」の作品の二次使用に関する許諾フリー化を正式に宣言し、二次使用に関するガイドラインを合わせて発表する。

同日には「ブラックジャックによろしく」原画展を中野ブロードウェイ内の「pixiv zingaro」で開催、会場内にはコピー機を置き、自由にコミック本データをコピーすることができるスペースを設けるのだという。

『ブラックジャックによろしく』1話より

※作品の二次使用とは
著作権法を読んでみると、「作品の二次使用」とは、一つの作品を、内容を損ねないようにドラマや映画や演劇などにアレンジすることを言う。
二次使用に際しては、作品の原作者に対して必ず許諾を求める必要がある(著作権法二十八条)。

「作品の二次使用」は、原作者にとっては大きな経済的メリットとなることが多い。
通常、ドラマ化や映画化などにあたっては、原作者に対して「二次使用料」が支払われ、また放映されることが広報宣伝効果となり、
作品の売上にも連動することが多いためだ。

今回、佐藤さんが二次使用を自由化すると宣言した「ブラックジャックによろしく」は全13巻で1400万部を超える売上を記録した作品。

その内容のすべて知らなくても大抵の人は題名ぐらいは知っているというほどのビッグタイトルだ。

なぜ二次使用フリー化をするのだろうか。

「漫画家は新作を描き続けてなんぼ。旧作品は眠らせていても一円にもならないですよ」と佐藤さんはすっぱり言う。

佐藤秀峰氏 と ききての中島麻美さん
1 2 3 4 5次のページ
中島麻実の記事一覧をみる

記者:

お米料理が好きな中島麻美です。 チャーハン、まぜごはん、どんぶり、たきこみごはんにお世話になっています。 酒のつまみは唐揚げが好きです。定食はとんかつが好きです。 出版社でOLしています。仕事柄会食が多いです。 2口ガスコンロ、2畳足らずの狭いキッチンからお届けします(・∀・)

ウェブサイト: http://www.facebook.com/nakashimaasami

TwitterID: aknmssm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会