体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『DQ』『FF』の曲を歌いまくる動画が『ニコニコ動画』で絶賛の嵐!

toruneco

『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズといえば、たとえゲームをプレイしたことがな人でも名称を知っているくらい有名な、国民的ロールプレイングゲームですよね。どちらもファミコンで一作目が発売され、2009年7月11日には『ドラゴンクエスト』シリーズの最新作『ドラゴンクエストIX ~星空の守り人~』が発売されました。また、『ファイナルファンタジー』は最新作が2010年に発売予定で、どちらの作品も人気が再び到来しているようです。

そんな『ドラゴンクエスト』シリーズと『ファイナルファンタジー』シリーズですが、ゲームに収録されているゲームミュージックを自分で演奏し、さらに自分の歌声をくわえて動画にした作品が、動画共有サイト『ニコニコ動画』で絶大な人気を得ているのをご存知でしたか?

『ドラゴンクエスト』シリーズと『ファイナルファンタジー』シリーズをアレンジした動画は全部で18作品あり、すべての音楽アレンジと歌声を “ヒャダイン” 氏という人物が行っています。ヒャダイン氏の作品は『ニコニコ動画』において「最高!」と絶賛されており、アレンジの仕方と歌声には定評があるようす。それにしても、ヒャダイン氏の作品の何がすごいのでしょうか?

・1人9役で歌っている
とにかくビックリなのは、ヒャダイン氏が1人で9人の声を担当している動画があることです。その動画は『DQ4 導かれし者たちで、明日への旅』という動画で、ゲームに登場する主人公と仲間のキャラクター全員の声を担当して歌っているのです。キャラクターには老若男女がいるのですが、すべてボイスチェンジャーのソフトウェアで声に変化を出しているようです。男も、女も、老人も、すべてヒャダイン氏の声でありながら、まったく不自然じゃないところがポイントです。

・歌詞が絶妙
ゲームキャラクターの性格にあわせ、絶妙な作詞をしているところも高評価を得ています。たとえば、『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』に登場した屈強な戦士・ライアンと、モンスターでありながらライアンの仲間となって旅をするホイミンを歌った動画『DQ4 第一章で、ライアンとホイミンのうた』は、NHKの歌番組『みんなのうた』にあってもおかしくないほどコミカルで心に残る歌詞となっています(イラストもかなり歌詞にマッチしていますよ)。『DQ4 第五章で、シンシアを想う』では、その歌詞で涙する視聴者がいたほどです。

・歌唱力と演出力
いくら歌詞とボイスチェンジャー(声のアレンジ)が良くても、歌唱力とセンスなくして人の心をゆさぶることはできないですよね。ヒャダイン氏は歌唱力もバツグンで、まるで素人には思えないほどのうまさ。ただ歌うだけでなく、感情を込めるポイントやキャラクターの心情になって歌っているところが大きな魅力のひとつのようです。

……と、ここまでヒャダイン氏のバツグンのセンスを解説してきましたが、百聞は一見にしかず、とにかく動画をご覧になっていただくのがいちばんだと思います。『ニコニコ動画』にヒャダイン氏の動画一覧ページがあるので、好きな動画を選んで観てみるといいでしょう。ちなみに、以下はガジェット通信編集部が独断と偏見で選んだヒャダイン氏の動画ベスト3です。

・笑えるヒャダイン氏の作品
1位 DQIV 第三章で、「トルネコのうた」【ヒャダイン】
2位 DQ4 第一章で、「ライアンとホイミンのうた」 【ヒャダイン】
3位 DQ3で、曲を作ってみた 【ヒャダイン】

・感動するヒャダイン氏の作品
1位 DQ4 第五章で、シンシアを想う 【ヒャダイン】
2位 DQ4 第四章で、モンバーバラ劇場 【ヒャダイン】
3位 FF6のフィールド曲で、一人アカペガ 【ヒャダイン】

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。