体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最初から最強!『ドラクエIX』セーブデータ不正改造ソフト出回る

fusei

7月11日に発売されるやいなや、絶大な人気で350万本以上の出荷を達成した人気ゲームソフト『ドラゴンクエストIX ~星空の守り人~』(発売: スクウェア・エニックス)。そのストーリーやゲーム性はモチロンのこと、いつでもどこでも遊べるニンテンドーDSで発売されたことも、大人気の理由といえるだろう。

また、近くにいる人たちと同時プレイをしたり、プロフィール交換や宝の地図交換などもできる機能があり、多くのプレイヤーが本編そっちのけで通信プレイにハマっているようす。そんな、さまざまな遊び方がある『ドラクエIX』だが、なかには主人公や仲間のキャラクターの強さや所持アイテムを改造して遊んでいるプレイヤーがいるようである。インターネット上で無料配布されている、『ドラクエIX』改造ツールを使用しているようだ。

最初は弱い主人公や仲間のキャラクターだが、モンスターを倒したり新たなアイテムを手に入れることにより、どんどんキャラクターを強く成長させていくというゲームシステムが、『ドラクエIX』の基本的なゲーム展開となっている。改造ツールを使用することにより、緻密に作りあげられた『ドラクエIX』のゲームバランスが崩壊することになる。

「ゲームを進める時間がない」という人や「難しくて先に進めない」という人のために、改造ツールは必要なものと考える人がもいるのも事実。しかし、発売元のスクウェア・エニックスは絶妙なゲームバランスを保つため、多くのテストプレイヤーや開発スタッフの意見を取り入れて、現在の難易度で発売しているはずである。少なくとも、改造ツールを使用してのプレイに関して、スクウェア・エニックスは推奨しないのではないだろうか。

また、改造ツールでセーブデータを改造するためには、違法性の高いゲームコピー機器『R4』(通称・マジコン)といわれる装置を使用しなくてはならないようだ。そもそも、ニンテンドーDSを発売している任天堂は『R4』の輸入や販売に対して厳しく対処しており、任天堂からすると、マジコンをプレイヤーが所持していること自体が眉をひそめるような事実であるはず。

コツコツとストーリーを進め、そしてキャラクターたちを成長させ、目的を達成する。何度モンスターに倒されてしまったとしても、いつか倒せたときは喜びもヒトシオのはずだ。最初からキャラクターを最強にしてゲームを展開できるという改造ツール。キャラクターを努力せずに強くしたとして、そこから喜びが生まれるのかどうか、やや疑問である。

■最近の注目記事
のりピー容疑者の失踪! 20年前のTVゲームが予言していた!?
『日本一インスタントラーメンを食べる女』麻布台綾子さんインタビュー
“すれちがえない通信” で田舎の『ドラクエIX』プレイヤー嘆く「お盆の帰省に期待」
300万人のドラクエファンが欲しがる幻のアイテム『まさゆきの地図』
『モンスターハンター3』がPS3や360でも発売される可能性アリ

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。