体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“日本のインディ・ジョーンズ”長沼先生に聞く宇宙の謎「宇宙人からのメッセージ」は実在するのか?

prometheus

『エイリアン』『ブレードランナー』のリドリー・スコット監督最新作『プロメテウス』。地球上の古代遺跡で人類の起源にかかわる重大な手がかりを発見した科学者チームが、その謎を解明するため宇宙船プロメテウス号に乗り、未知の惑星を訪れるというSF大作です。

監督初の3D映画という事でも話題を集める本作が、ついに先週末より公開。多くの人々が劇場に足を運んでいます。

今回は、『プロメテウス』の主人公が「人類の起源」を探求する中、「生命の起源」を解明すべく世界中を飛び回る“日本のインディ・ジョーンズ”の異名を持つ生物学者・長沼毅(たけし)先生にインタビュー。映画の感想から、先生が影響を受けた作品まで様々なお話を伺いました。

e995b7e6b2bce58699e79c9f-2012-062

――まず、映画『プロメテウス』をご覧になった率直な感想を教えてください。

長沼毅先生(以下、長沼):人類の起源に何モノかが介入したというモチーフは『2001年宇宙の旅』などの古典的SFで取り上げられてきましたが、それが装い新たに、しかも、21世紀らしい科学技術的な世界観を背景に、かつてないほどリアルに描かれていたことに驚き、うれしく思いました。

また、古くから語られていることですが、旧約聖書の「神は『ヒトを我等の姿に似せて造るべし』と言った」(創世記1章26節)という記述における「我等」とは誰なのか。聖書は一神教のはずなのに、ここだけ複数の神々が出現していることの謎。この映画『プロメテウス』はこの謎に対するひとつの答を提示したと思います。しかも「神々」は必ずしも慈悲深くなかった。そういう神々を描くことはとても勇気のいることで、スコット監督の並々ならぬ決意を感じました。

――長沼先生おすすめの、一番の見所はどこですか?

prometheus

長沼:一つは、アンドロイド(ヒト型の人工知能ロボット)のデヴィッドと考古学者チャーリーの会話です。デヴィッドが「人間が私を造ったのは?」と訊いて「造れたから」と答える人間の身勝手さと思い上がり、そして、人間もそうやって造られたことを図らずも示唆するアイロニーが胸に刺さりました。

二つめは、この会話の後、デヴィッドがチャーリーに「黒い液体」をこっそり飲ませるところ。人類起源の謎の鍵をにぎる「黒い液体」を飲ませることで、今度はデヴィッドがチャーリーを「造りかえる」のです。あたかも、思い上がった人類=チャーリーに対するデヴィッドの意趣返しであるかのように。しかも、「小さなことが大事に至る」とつぶやきながら。

――映画には宇宙船プロメテウス号が登場しますが、先生は宇宙船の描写をどうご覧になったのでしょうか。

prometheus

長沼:ごく一般的に言って、無重力のシーンがなかったことにやや違和感を覚えました。一方、生命に関する諸装置や、よく“ガジェット”と称される小型機器類はとても良かったです。たとえば、人工冬眠装置やハイテク医療ユニット「メッド・ポッド」、レーザースキャン飛翔体「パップス」などのガジェットには迫真のリアリティがありました。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。