ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【2012年08月27日~09月02日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今週の1位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年08月27日~09月02日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:蟹座

運気は好調。家族や友人など身近な周囲の人たちとの協調が更なる幸運をもたらしてくれるでしょう。困難が生じたときは自分ひとりで何とかしようとするよりもまわりの人に助力を求めて吉。また海外からの情報には思わぬツキがありそうです。広く情報を集めましょう。

第2位:牡牛座

引き続き運気は好調。過去に諦めてしまったことや途中で投げ出してしまったものに再挑戦する良い機会となるでしょう。自分の内から湧き上がる好奇心の求めに応じて吉。ただし今の自分にとって無理のない範囲で行うことが肝要。少しでも無理が生じるなら見送って。

第3位:牡羊座

少し退屈に感じるくらい平穏な週となりそうです。自分の時間をいつもより多めに持つことができるのでひとつのことに集中して取り組んだり将来についてじっくり考えると良いでしょう。またこれまで地道に積み上げてきたものが評価される兆し。謙虚に受け止めて吉。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/245496 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:乙女座
不安に思っていたことから解放され少し退屈に感じるくらい平穏な週となりそうです。この機会に生活面や経済面をしっかりと見直すと吉。特に夢や目標に向けた貯蓄をスタートさせるにはもってこいの時期です。無駄遣いはやめましょう。ただし交際費はケチらないで。

第5位:水瓶座
あまり遠い将来のことを考えるより今は目の前のことに集中しましょう。仕切り直しには最適のときです。過去にしばられるようなら環境を変えてみるのもひとつの有益な方法となるでしょう。おおらかな気持ちで物事と接するように心がけると吉。直感に頼るのは禁物。

第6位:蠍座
新しいことをスタートさせるチャンスが訪れるでしょう。好奇心のおもむくままに挑戦していってください。そのぶん金銭運と恋愛運にはかげりが見えます。収入より支出が上回るなんてことがあるかも。また忙しさにかまけて恋人との関係を疎かにするとこじれる可能性。

第7位:獅子座
人間関係を円滑にすることが今あなたが抱えている問題を合理的に解決する近道となるでしょう。相手の言動にいちいち疑心暗鬼にならないよう注意。目的意識もないままに行動するのは失敗のもと。冷静かつ常識的な落ち着いた物腰は好感度アップにつながりそうです。

第8位:天秤座
目標や夢に向かって心と体の準備を整える時期です。自分の内面を見つめ直し少し疲れているようなら休むようにしましょう。身の丈以上に虚勢を張ったり無理をすると後のちに影響する可能性が大です。今は自分のペースを作りそれを守ることが何よりの優先事項です。

第9位:射手座
新しいことに挑戦するよりも現状を見直すことが今週の課題。まずは生活面など乱れがないかを見つめ、あれば改善する努力を始めましょう。また恋人や家族との将来について真剣に考える時間を持つと目標がはっきりと見定まる兆し。ストレス解消法を見つけるのも吉。

第10位:双子座
周囲の特に目上の人との関係に軋轢が生じるかもしれません。面倒なことを押し付けられたり嫌味を言われたりと地味にダメージをくらう可能性がありますが真っ向から反抗するのは禁物。更なる状況の悪化を招くことに。淡淡とやり過ごすことで逆に評価が上がりそう。

第11位:山羊座
状況は刻刻と変化しているのに波に乗り切れていない様子。これまでがんばり過ぎたのか心身ともに息切れを起こしているのではないでしょうか。まずは目標を定め計画をしっかり立てること。ただやみくもに動くのは気力や体力を無駄に浪費することにほかなりません。

第12位:魚座
やたらと偏った物の見方や考え方をしてしまいがちです。また思い込みによる独断で失敗してしまう可能性が大。反射的に物事を決めつける前に深呼吸してじっくり考えることを習慣づけましょう。バランスの良い考え方を心がけて。また家族など身近な人との不和に注意。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。