ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NFC Hotspot : NFC端末同士をかざすだけでWi-FiテザリングのON/OFFやアクセスポイントへの接続を自動的に実行してくれる便利なアプリ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本日紹介するAndroidアプリは、Android 4.0で追加されたNFC通信によるデータ送受信機能「Androidビーム」を活用したWi-FiテザリングON/OFF・接続の自動化アプリ「NFC Hotspot」です。「NFC Hotspot」は、Android Beamが使えるAndroid 4.0以上を搭載したNFC対応端末を2台用意し、それぞれにこのアプリをインストールして起動、後は、端末同士を重ねてビームするだけで、ビームした方の端末のWi-Fiテザリングが自動的に有効になり、ビームされたもう片方の端末は、オープンしたアクセスポイントに自動的に接続するというものです。AndroidビームとNFC通信機能が必要となるので、対応機種は限られると思いますが、Wi-FiテザリングのON/OFF、アクセスポイントへの接続が非常に楽になります。アプリには広告付の無料版と有料版(159円)の2種類があります。無料版ではSSIDの変更ができないことや、暗号化方式がWPA-PSK固定でWPA2-PSKが選択できなかったりします。有料版ではSSIDは変更可能で、WPA2-PSKも選択できます。セキュリティ面を考慮すると、有料版にした方が良いかも。「NFC Hotspot FREE」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
SamsungのAllShare Castドングルが英国で今月中に発売予定
Nexus 7がドイツとイタリアで9月上旬に発売予定
中国 小米科技のAndroidスマートフォン「MI-One S」20万台がわずか29分で完売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。