体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「原発警戒区域のままがよかった」福島県楢葉町の地元が警戒線解除に反対する5つの理由

「夜間現場内で作業している人は不審者です」との看板

楢葉町の警戒線解除に地元町民が反対する5つの理由(要約)

まとめると理由は5つ。

1. 誰でも立ち入れるが宿泊は禁止。つまり夜間の町内は無人状態。すでに多くの盗難が発生しているが、さらに盗難が増加し町内の治安は悪化する可能性がある。

2. 反対の声も多い中、町からの説明が不十分なまま解除が決定されたという経緯がある

3. 水、下水、電気などのライフラインがまだ復旧しておらず、病院もスーパーも再開していない

4. 帰りたくない住民への配慮がない

5. 除染がまだ不十分

以下、詳細です。

検問の様子(2012.8.10)

東京電力福島第一原発事故により大半が警戒区域内に指定されていた福島県楢葉町は、8月10日に警戒区域が解除され、避難指示解除準備区域となった。検問の写真は解除直後のもの(8月10日撮影)。

これにより、これまでJビレッジ前に設置されていた警戒区域の検問は撤去され「避難指示解除準備区域」となり、町は自由に立ち入ることができるようになった

その準備のために、7月下旬、町内では多くの除染作業員たちが町内の幹線道路である国道6号線沿道の雑草などを刈り取り清掃作業に追われていた。

除染の様子 福島県楢葉町の地元が警戒線解除に反対する5つの理由

「お盆の前に、町民が町に自由に立ち入りできるようにしたい」という松本幸英町長の意向により、町議会の承認を経て行われたこの警戒線見直しだが、町民からは不評だ。

「しばらくの間は、警戒区域に指定していてほしかった」という声が多い。
「ふるさとに自由に帰ることができるのに何故?」と不思議に思うかもしれないが、それにはおおきく5つの理由がある。

1. 町内の治安の悪化、盗難の増加

避難指示解除準備区域となった楢葉町は町民をいずれ帰還させることを前提に、町内の除染、インフラの整備を急ぐという方針を打ち出した。だが現在、町民は自宅に自由に通行することはできても、自宅に宿泊することは禁じられている

これまでも双葉郡内の警戒区域内のエリアは、民家や商店などへの盗難の被害が相次いでおり、今年4月の段階で120件もの盗難被害が確認されている。

今後は警察の検問なしで夜間に無人となるエリアに誰もが立ち入ることが可能となるため、夜間の盗難などが増えるのではないかと心配している町民は多い。

楢葉町は警戒区域が解除された5番目のエリアだが、楢葉町に先駆けて南相馬市小高区の警戒線が今年4月に解除された。小高区も、楢葉町と同じく「避難指示解除準備区域」で、楢葉町と同じく夜間の宿泊は禁じられている。現在、小高区の町を歩くと盗難の被害にあったATMなどを多く確認することができる。

楢葉町 盗難にあった自販機
1 2次のページ
木戸川シャケの記事一覧をみる

記者:

連載「原発20キロ圏内のリアル」で福島第一原発警戒区域20キロメートル圏内の現在の姿を写真とともにお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会