体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「市民感情」を投影した判決?

「市民感情」を投影した判決?

今回はbem21stさんのブログ『ベムのメモ帳V3』からご寄稿いただきました。

「市民感情」を投影した判決?

ひきこもりの男性が実姉を殺害したとして殺人罪に問われた事件の大阪地裁の判決について、関連する報道をまとめました。
まず、殺害された被害者の女性に対し衷心よりお悔やみ申し上げます。
以下、報道記事を抜粋して引用します。文字強調はすべて引用者によるものです。

■「姉殺害に求刑超え懲役20年判決 発達障害で「社会秩序のため」」2012年07月30日『47NEWS(よんななニュース)』
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012073001002297.html

判決理由で河原俊也裁判長は、約30年間引きこもり状態だった被告の犯行に先天的な広汎性発達障害の一種、アスペルガー症候群の影響があったと認定。その上で「家族が同居を望んでいないため社会の受け皿がなく、再犯の可能性が心配される。許される限り刑務所に収容することが社会秩序の維持にも役立つ」と量刑理由を説明した。

■「求刑上回る懲役20年=姉殺害「反省ない」―大阪地裁」2012年07月30日『時事ドットコム』
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201207/2012073000900

判決は、動機を姉への逆恨みとした上で「姉は身体的、金銭的に被告に尽くしてきたのに、理不尽に殺害された」と指摘。「被告は十分に反省しておらず、社会復帰後に同様の犯行に及ぶことが心配される」として、求刑より長期間の矯正が必要と判断した。

■「発達障害で求刑超え懲役20年判決 「社会秩序の維持に」」2012年07月30日『MSN産経ニュース』
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120730/trl12073020360006-n1.htm

河原裁判長は判決理由で「計画的で執(しつ)拗(よう)かつ残酷な犯行。アスペルガー症候群の影響は量刑上、大きく考慮すべきではない」と指摘。その上で「十分な反省がないまま社会に復帰すれば、同様の犯行に及ぶ心配がある。刑務所で内省を深めさせる必要がある」と述べ、殺人罪の有期刑上限が相当とした。

■「姉刺殺の被告に求刑上回る懲役20年の判決」2012年07月30日『YOMIURI ONLINE(読売新聞)』
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120730-OYT1T01274.htm

大東被告は同月の逮捕後、大阪地検の精神鑑定で、この障害があると診断された。地検は刑事責任能力に問題はないとして昨年11月に起訴。公判で大東被告は罪を認め、弁護側は、犯行には障害が影響したと主張。保護観察付きの執行猶予判決を求めた。

判決で河原裁判長は「約30年間、自宅に引きこもっていた被告の自立を促した姉に恨みを募らせた」などと動機を認定。障害の犯行への影響を認めたが、「量刑で大きく考慮することは相当でない」として量刑面の弁護側の主張を退けた。

一方で、障害に対応できる受け皿が社会に整っていないとの認識を示し、「十分な反省のないまま社会復帰すれば、同様の犯行に及ぶことが心配される」と指摘。量刑判断に社会秩序の維持の観点も重要として「殺人罪の有期懲役刑の上限で処すべきだ」と述べた。

裁判の経過や判決文を読んでいないため予断は禁物ではありますが、報道内容をまとめると、

1.事件前に医学的な診断や治療は受けておらず、逮捕後に大阪地検による精神鑑定でアスペルガー症候群とされた。
2.弁護側は犯行に同障害が影響したとして保護観察付きの執行猶予判決を求めていた。
3.検察側は責任能力に問題はないとして懲役16年の実刑判決を求刑していた。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。