体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

えっ あの人が優勝しちゃったの!? 生主対抗“『スプライト×ゼビウス』ガジェ通杯トーナメント” うますぎワロタ……

スプライト×ゼビウス

7月19日、ガジェット通信のスタジオでは、懐かしいあの名作シューティングゲームのゲーム音と、炭酸を飲み干すゴクゴクという音が響き渡っていた。行われていたのは生主対抗の生放送番組「『スプライト×ゼビウス』ガジェ通杯トーナメント」である。

※すべての画像をご覧いただけない方はガジェット通信をご覧ください。
http://getnews.jp/archives/234920

現在コカ・コーラのサイトで期間限定で遊ぶことができるウェブゲーム『スプライト×ゼビウス』。思わず「懐かしい!」と声をあげてしまうようなオリジナルの『ゼビウス』をしっかりと再現しつつも、随所に登場する『スプライト』のモチーフが新鮮だ。また、プレイヤーの操作するソルバルウの残機が減らないようになっており、初心者でも抵抗なくプレイすることができる。年齢問わず多くの人が楽しめるゲームだ。

スプライト×ゼビウス

今回の番組では『ニコニコ生放送』の人気生主総勢6名が顔を揃え、この『スプライト×ゼビウス』のナンバーワンを決めるトーナメントを行った。

トーナメントは3名ずつAとBに分かれて得点を競い、得点の高かった2名で決勝を行うシステムとなっている。果たして『スプライト×ゼビウス』を制するのは誰なのだろうか?

トーナメントA 百花繚乱 VS あやたん VS れじぇっか

スプライト×ゼビウス

先陣を切るのは“ゼビウス大好き!”だという百花繚乱。自分専用のマウスまで持参し、『スプライト×ゼビウス』に挑む! 出した結果は76620点。なかなかの高得点ではないだろうか?

ゼビウス×スプライト

つづいてはあやたん。なかなか苦戦を強いられ、ボスまで無事に倒すものの43510点という結果に。「むずかしいー!」とコメントしつつも、笑顔のあやたんであった。

ゼビウス×スプライト

お次はれじぇっか。「目標は9万点!」と豪語し、気合い十分でプレイスタート。

百花繚乱「ユーザーから、“れじぇっかさん太った?”ってコメントがきてますけど」
れじぇっか「やめろおおおおお!

繚乱の巧妙なコメ読みで動揺したれじぇっか、操作をミスる! 得点は57910点にとどまった。

トーナメントAを勝ち抜いたのは百花繚乱となった。

トーナメントB マッスル宮崎 VS なっぽん VS 横山緑

ゼビウス×スプライト

つづいてBのトップバッターはマッスル宮崎
ムキムキの腕を見せつけ、「ほかの何でもなくゲームの為に鍛えてますから!」と豪語。鍛えすぎである……。

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。