ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パリのジャパンエキスポ会場でK-POPに盛り上がるフランス人 日韓ネット唖然 「日本売り込みの副作用!」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

フランスで開催されている『ジャパンエキスポ2012』の様子を撮影した映像が、日韓のインターネット上で物議をかもしている。

10日、動画サイト「ユーチューブ」に、2分58秒あまりの動画『BIGBANG- Fantastic Baby』が掲載された。映像には、大勢のフランス人が会場に詰めかけている様子を写しており、エキスポが賑わっているのが分かるのだが、映像をよく見ていくとあるブースが「韓国」になっていることに気づく。

ブースは大きな「日の丸」の横にK-POPグループ「BIGBANG(ビッグバン)」の写真を掲げており、まるで「ビッグバン」が日本のアイドルグループのようだ。さらに映像を見ていくと、「ビッグバン」の最近ヒット曲「Fantastic Baby」が流れ出し、ひとりふたりとフランスの若者たちが曲に合わせて踊り始める。側を通りかかったフランス人たちはその様子をカメラで撮影しようと殺到し、曲が終わると拍手喝采となった。

当然、この映像に日本のネットユーザーたちは不快感を示した。「韓国人がジャパンエキスポに寄生して金を稼いでいるのか」「これはひどいw」「プライドの無い国だな」などのコメントがインターネット上には書き込まれた。

だが、不快感を示したのは日本人だけではない。韓国のネットユーザーたちも、「ジャパンエキスポに巨大な日章旗、日本語の歌に合わせてフランスの若者がK-POPを踊っている」「日本に売り込むためK-POP歌手はみんな日本語で歌うからこういった副作用がでるんだ」「韓流ブームで喜んでいたのにこれは恥ずかしい。国の恥さらしだ」などと嫌悪感を露わにした。

このブースで流れていたビッグバンの「Fantastic Baby」は日本語バージョンだという。こんな状態では、フランス人は「ビッグバン」=「日本のアイドル」と勘違してしまってもしょうがないだろう。韓国のメディアやネットユーザーたちは、「K-POPの横に日の丸が!!!」などと憤慨する前に、ブースの出展者をしっかりと追求してほしい。フランス人が日韓の文化を混同しないことを祈るばかりだ。

韓国ブースに日本の国旗が掲げられ「SHINee」のPV

※画像:ユーチューブより引用

※この記事は、ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。[リンク]

朴 美奈の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP